beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Oct/27/2007

ハリーポッター

ホグスミードは、ハリー達を待ち受けるデスイーターやディメンターであふれ返っている。
あわや…というところでハリーがパトローナム牡鹿を出し注意をそらすが、かえってそれがハリーの存在を知らせてしまう。

私はハリーのパトローナム、うろ覚えでてっきり牝鹿と思って、それにしては、話が通じないなぁ…と思っていた。
やっとこれで納得!

ハリー達が逃げ込んだのは、ホグスヘッド。
ここのマスターはデスイーターではない…という確信の元だったが、なんと、それどころか、アバーフォースだった。

グリフィンドールの剣を教えてくれた牝鹿のパトローナムについては言葉を濁したが、ドビーを差し向けたのは、彼だった!

しかし、ホォグワーツに行くと言い張るハリーに、
「もう兄の計画に従うことはない」
と言う。

「フェニックスの騎士団は、もうない。You-know-whoが勝ったんだ」

それでも聞かないハリーにダンブルドア家の悲劇を語る。

彼は兄の生き方が認めらなかったのだ。
しかしハリー達の知るダンブルドア先生の違う一面に考えを変え、アリアナの絵の中のトンネルを教えてくれた。

ハリーがトンネルを抜けると、そこにいたのは、ネビル!

「ハリー、来ると思っていたよ」



Thursday, 27, Sep 23:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

ハリーポッター

ドラゴンは、いつまでも飛び続けた。
日が沈む頃やっと小さな湖に向かって降りだしたので、ハリー達は頃合いを見計らって飛び降りた。
やっと皆で顔を合わせてわかったのは、金杯のホークラックスはあるけど、それを壊す剣がないこと。

途方に暮れ、ハリーは、ヴォルデモーツの意識を探る。

ヴォルデモーツは、怒り狂っていた。
エルダーワンドを振り回し、当たり散らしていた。
グリンゴットを信頼していたのに!

マルフォイやベラトリクスを信じたのが間違いだった!
手帳は破壊され、金杯は盗まれた。
あの小僧は何故わかったんだろう?
他のホークラックスは大丈夫なのか?

ハリーは言う。
「彼は他のホークラックスが無事か点検して回るだろう。最初は、指輪。ホグワーツにあるものは一番安全と思っているから最後だ!」
「ホグスミードに急ごう!」





Thursday, 27, Sep 23:12 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

ハリーポッター

ハーは、杖はなくしたものの、数珠玉バックは持って来ていた!
凄い!機転が利く!
おかげで、テントも透明マントも健在なり!

いよいよ決行の日がきた!
ハーはミセスレストランジ、ベラトリクスに変身!
ロンは…?
ハリーはグリホックを背負い、透明マントを身に付け、ダイアゴン横丁に、やって来た。

ダイアゴン横丁は、以前の賑わいはなく、難民が座り込んでいた。
ちょっとしたトラブルに巻き込まれたベラトリクスの前に現れたのは、デスイーターのトレイバー。
彼の話でマルフォイ一族は、蟄居状態らしいことが、わかった。
ベラトリクスの杖を見て
「杖はなくしたのでは?」
ハリーが持って来てしまったことが、すでに知れ渡っている!

ベラトリクスがトレイバーに紹介したので、ロンの素性がわかった。
トランシルバニアから来た闇の王の同志という設定。

トレイバーというおまけも加わって、皆で、グリンゴットに乗り込んだ。

しかしベラトリクスがIDを知らなかったり、なくしたはずの杖を持っていることで、ゴブリンに疑われ大騒ぎ。

それでも強引に入り込み、なんとかレストランジ家の金庫室にたどり着いた。

ホークラックスは、どれか?
やっとレィブンクローの金杯を手にした時、剣を振り回しでグリホックが叫んだ。
「泥棒だ~!泥棒だ~!」

ハリー達はとっさに、警備のために飼われていたドラゴンに乗り、逃げ出すことに成功した!

これって、グリホックが約束守らなかったってこと?
振り回した剣は、偽物?本物?

読み返したらわかるんだろうけど、とりあえず、疑問のまま。



Thursday, 27, Sep 05:45 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin


(1/1page)