beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



今読んでる本

チャングムの誓い

母が倒れた頃、NHKで放映されていた「チャングムの誓い」が、最近民放で放映されている。

NHKの時も、飛び飛びだったが、今度の民放も飛び飛び!!
(録画するほどではないし・・・)

図書館で本を見つけたので、借りてきた。

ところが・・・・
ずいぶん話が違っている!!

最初のうちは、時代背景がわかって、なるほど、なるほど・・・と思って読んでいたが、
ハン尚宮様が亡くなる頃から、少しずつ違ってきた。
ハン尚宮様は、呪いのお札を隠していた容疑で、腕を縛り縛り上げる刑により牢で亡くなる。
チェジュ島に流されたチャングムは、そこでチャンドクに出会うが、本の中のチャンドクは、役人の愛妾で、薬草に詳しいというだけの、単なるおばさん・・・。

チャングムが宮中を去って、グミョンは、チェ尚宮様の手引きにより、後宮に入る。
おまけにジョンホ様も、何を思ったか、儒医になって、宮中に戻ったチャングムの上司になるし・・・

飛び飛びに見ていた私にも、本とTVのストーリーの違いはわかる。

最終的にめでたしめでたし・・・なのは、当然なのだが、パンスル一族の陰謀が、ヨンノの自白により発覚し、皆失脚。
チェ尚宮様はチェジュ島に永久追放。
グミョンは後宮から追放され一人で実家に戻るが、自害する。
TVより、ちょっと暗い結末かも・・・



Saturday, 10, Oct 17:43 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今読んでる本 | 管理

「閑」のある生き方

北海道で、同窓会があるので、それに出席しがてら、紅葉を楽しんで来よう…と出かけた。

直行便が、なくなったので、福岡で乗り換え。

時間がたっぷりあるので、ラウンジに陣取り、前々から友達に勧められていた本を読んだ。

1時間程で、読み終わったが、「うーん?」と言う感じ。

老後に備え、スタンスを、会社から自分に移しておけ…と言う趣旨。

でも我が家は、田舎住まいだから、会社人間と言うわけではないし、休みは取れるだけ取って、遊んでいる。

定年後は、己と向き合う時間だと言うことだが、私は、仕事と関係のない友達を作ることが、一番大事だと思う。

考えてみると、何年も前、主婦になりたての時の私は、男の人が定年を迎えた時と、同じだったと思う。

新しい土地で、少しずつ世界を広げ、友達を作っていった。
その内に子供も出来、仕事も始め、自分の居場所が出来て来た。
ほとんどの女性は、この苦労を、知っていると思う。

以前、退官された恩師にお会いした時、「札幌は寒いので冬は横浜にマンションを買って行っている。でも、新しい知り合いは出来ない」とぼやかれたので、
「先生!奥様に便乗して、あちこち出かけたほうがいいですよ」
と勧めて来た。

この本の作者は、わかってないようだが、老後こそ、女性の生活力が頼りになると思う。

我が家も、老後に備え、同窓会には極力参加するし、関東在住の仲間とは、年数回は山行を楽しんでいる。
現在は、地理的に遠いので大変だが、いずれ関東に戻りたいという布石。

ただ、我が家は、もしかしたら霧島市の会社を引き受けるかもしれない。
となると、どうやら定年後の方が、忙しくなるのかも。
お金がいるわけではないが、会社を経営するというロマンにも食指が動く。

今回の同窓会、定年前後の年代だから、いろいろ話題が出てくるだろ~!



Friday, 10, Oct 09:12 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今読んでる本 | 管理

「沈底魚」「三年坂 火の夢」

高崎に来る楽しみに、図書館で借りる本がある。

鹿屋市の図書館で、見つからない本を読むことが出来る。
もしかしたら、高崎の図書館にない本が、鹿屋市にあるのかもしれないけど。

今回は、2日間しかないので、2冊借りて来た。
鹿屋市で、見つけることが出来なかった乱歩賞受賞作。

夜しか、読む暇ないけど。
楽しみ~♪



Thursday, 18, Sep 21:54 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今読んでる本 | 管理

ダンブルドア

私の英語がつたないせいか、ダンブルドア先生が、どうも、どうも最後まで理解できなかった。
幼い妹の悲劇で、グリンデルバルドと、、
「魔法使いが最高、マグルを支配するべき」などと言っていたのに、なぜ考えが変わったのか??

結構、超越した人格かと思っていたのに「死の秘宝」にこだわってみたり、俗物的(スノブ)な面もあるし!!

闇の魔法使い・・・というのもいまいちよくわからない。
ヴォルデモーツ以外にも、グリンデルバルドとか、カカロフとか、闇の魔法使いはたくさんいるようなのに、なぜ、あれだけ、ヴォルデモーツを目の敵にするのか!!

ダンブルドア先生が最後にハリーに肩入れしたのは、結局は、予言によりハリーしかヴォルデモーツを倒すことができないから・・・?
ダンブルドア先生は、結局自分の命が終わるというときに、ヴォルデモーツをハリーが倒せるよう、準備万端整えて、死んでいく。

ハリーが7番目のホークラックスだとわかっていて、ハリーに知らせなかったのも、もしかして、ハリーの中のヴルデモーツの分霊が死んだら、ハリーも死ぬと思っていたのかもしれない・・・な~んて、疑りすぎかな?

日本語版が出たら、また読んでみよう~っと!!



Wednesday, 20, Feb 17:42 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今読んでる本 | 管理

スネイプ先生

ハリーポッター、やっと最終巻まで、再度読み終わった。

忘れていたことがいっぱい!!

スネイプ先生は、ダンブルドアから頼まれ、フォグワーツを守るため、校長になったのだったっけ!
プリベット通りを逃げ出すとき、スネイプが襲撃してきたのも、わざとだったようだし・・・!

スネイプが、ヴォルデモーツが、リリーを襲ったとき、気持ちを入れ替え、ダンブルドアに従うようになった・・・とダンブルドアに語っていたが、厳密には、ヴォルデモーツが、ハリーを襲うことを知った時、スネイプが、ダンブルドアにリリーを助けてくれるように頼みに行く。
そして、ダンブルドアが、
「代わりに何をする?」
と聞くと、
「Anything」
と、答え、それに従ったわけだ。

スネイプは、りりーにふられたのに、最後まで、リリーの子供のために、力を尽くしたのね!

ダンブルドアは、ヴォルデモーツが、エルダーワンドのオーナーになるために、スネイプを殺すこと。
そのためには、スネイプがダンブルドアを殺さなくてはならないこと、すべてスネイプに教えていたのだ!!

なんとなく、「悪女の深情け」の男性版のような気がしないこともないけど。まぁ、それだけ、リリーを愛していたということよね。

リリーが亡くなって、悲しみのあまり、パトローナスが、リリーと同じ「雌鹿」に変わったわけだ!
そういえば、独身だったしね!

スネイプは、愛に生きた「いいもん」だった・・・というのが、子供のお話らしいのかな??



Wednesday, 20, Feb 17:25 | トラックバック(0) | コメント(0) | 今読んでる本 | 管理


(1/10ページ)
>1< 2 3 4 5 6 7 8 9 10 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット
地震速報機 | 本のバーゲン | 避難リュック | 放射能測定器 | 恋活