beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



2007年6月を表示

霧ヶ峰・美ヶ原

前の晩の雨は、なんのその!
朝、目がさめると、空は青空!

8時からの朝食を繰り上げて貰い、車山に登ることにした。
まさか本当に晴れるとは思わず、一応山靴は持って来たものの、合羽は、雨の中の掃除用に、分厚い物だし、登山シャツもなく、半袖Tシャツのみ!



それでも、天気が良いせいか、歩いているぶんには、大丈夫!

北アルプスのキレットがよくわかる。槍ヶ岳もよく見える。
その隣りには、乗鞍岳!



登るにつれ、見える山が増え、楽しい!
富士山が八ヶ岳の隣りに見えて来た!



そして南アルプス!
山頂からは、浅間山、白根、妙高!

360度の眺望を、楽しんだ。

その後八島湿原へ。野鳥観察の人が多い!なるほど、様々な鳥がいる。

100名山好きのパートナーに付き合い、もう1座、美ヶ原にも行く。



美ヶ原は、子供の頃から何度も訪れた所。
山だとは知らなかった!
「美ヶ原って、アンテナしか覚えてないんだけど、山は、どこから登るんだろうね」
などと、話しながら歩く。
中には、山装備のグループもいるが、ほとんどが、家族などの行楽客!

山頂は、アンテナ裏だった!
小学校5年の修学旅行、美しの搭の前で撮った写真があるから、王ヶ鼻も行っているかもしれない!?

期待はずれの100名山とは、よく言ったもの!



Sunday, 24, Jun 16:25 | トラックバック(0) | コメント(0) || 管理

雨の信州

朝8時、出張で東京まで来ていたパートナーと、レンタカーで、高崎を出発した。

目指すは、信州上田!
お墓の掃除だ。
空は雨模様。
横川サービスエリア、下りは高崎の達磨弁当が並ぶ。
ちなみに上りは、峠の釜飯。

上田のお墓、今年のお正月、弟の納骨に来て、あまりに荒れはてているので、ビックリ!だった。



持って行った鋸やハサミで、出来るだけ、伸びきった木を切ったものの、どうも心残りだった。

幸い彦生えは出てなかったが、さらに切り詰め、除草剤をかけ、石で覆った。
木を植えていたので玉砂利に、泥が混じり、草が生えている。
玉砂利を洗い泥を除き、敷きなおす。

2時間半頑張って、なんとかまぁ、これでいいか~。
管理人さんに、出たゴミと、鹿児島のお土産を持って、挨拶に行ったら、快く、ゴミも引き取ってくれた。
「絶対、お土産が効いたよ」
とは、パートナーの言葉!



思ったより、早く済んだので、久し振りに、生島足島神社に、寄ってみる。

子供の頃、遠足などでよく訪れたものだ。
確か、生島足島神社の裏に、夢殿があったはず、とパートナーを案内するが…、ない!



え~!?勘違いだったのかしら!?
勘違いだったら、恥ずかしいので、社務所で、聞く勇気も出ない。

諦めて帰ろうとした時、隣りにお寺があることに、気づいた。
近づいて見ると、「信州の夢殿」と、書いてあるではないか!
子供の頃、遠足で来て、あちこち歩き回って見つけたので、別の敷地だったとは、思ってなかった。
「塩田平には、清水寺を模したお寺や、夢殿なんかが、あるのよ」
常々、パートナーに、話していたので、あってよかった!

でも、子供の頃は、夢みたいに綺麗!と、思っていたのに、今になってみると、それ程でもなかったかな?



それから、パートナーが、一番楽しみにしていた霧ヶ峰に、むかうが、雨はどんどん強くなり、白樺湖も、霧ヶ峰のレンゲツツジもガスの中!で、見えない。

ヒュッテ霧ヶ峰で、地ビールとすき焼きで、明日のお天気を祈る!



Friday, 22, Jun 20:58 | トラックバック(0) | コメント(0) | あれこれ | 管理

着物屋

先日持っていった着物の値段が出た。

一重の着物、道行、羽織、兵児帯など、10点で1000円。
予想通り。

売りに行ったとき言われたのだが、昔の人の着物は丈が短いので、今の人には売れないとのこと。
また、羽織、道行は、基本的にあつかってないとのこと。

だから、値段がつかないかもしれないと思っていた。

「どうしますか?」
どうやら、あまりの安さに、断る人も多いようだ。
私が今回持っていったのは、私が、絶対着られないものだから、迷わずOK!

多分、帯のほうが売れるのだろう。
袋帯なら、500円くらいになるかな?

それを基準に、ネットで売ってみようかな・・・なんて、考えている。



Monday, 18, Jun 15:50 | トラックバック(0) | コメント(0) | 浅草界隈 | 管理

月山

福島の友人宅を朝5時前、期待とともに、出発した。
空は青空!

窓からは、安達太良が、綺麗に見えている。

月山姥沢の手前、志津駐車場で、酒田から来る先輩と、待ち合わせることに、なっていた。
志津駐車場は、無料。
スキー場に隣接した姥沢駐車場は、1台1000円の協力金が、必要なので、1台にまとまって、ささやかに節約!

福島を出発した時、晴れていたのに、月山に近くなると、ガスって来た。

月山に沢山の雪があり、温度も低く、高度もあるので、湿度が高いのだろう…とは、友達の説明。



スキー場には、沢山の人々と車。
それでも、皆の話では、いつもの年より、少ないらしい。
「天気予報が最初悪かったからじゃない?」
私が、言うと
「いやいや、天気なんて悪くたって、この時期の月山は、さくらんぼ狩りもあるし、スキーやスノボのイベントなんかで、いつも混んでるんだよ」

そうみると、8:2くらいで、スキー客のほうが多い。

それでも、貸し切りバスの登山客なども。
私達は、その中間?私に付き合ってくれた酒田の先輩と私は、登山装備だが、福島の友人夫婦はショートスキーをザックに付けて、9時、リフトに乗る。



皆の話では、今年は、例年より雪が少ないという。

雪渓が、途切れ途切れで、アイゼンの着けはずしを繰り返しながら・・・
ルートを探しながら、登っていく。

時には、ガスが晴れるが、おおむね視界なし!



それでも、つかの間山頂が見えた!!

山頂小屋には、トイレがあって、有難い。

アイゼンの付け替えで手間取ったせいか、花の写真撮影で手間取ったせいか、3時間のコースタイムが、大幅に遅れ、12時半、山頂に着く。



普段は、ここに神主さんが、常駐していて、ここに入るのに拝観料500円だそうな。

我々は、100円のお賽銭で、許していただく。

三角点は、この神社の後ろ。
でも、「月山」の表示はなし。

「ずうっと前はあったんだけど・・・」
とのこと。

信仰の山。三角点まで来る人は、少ないこともないだろうけど。

下るにつれ、どんどん晴れてきた。
友人夫妻は、あっという間に、滑り降りていってしまった。
私たちもそれでも、1時間ほどで、リフト終点まで下り、晴れ上がった東北の山をしばし楽しんで帰った。



Sunday, 17, Jun 15:45 | トラックバック(0) | コメント(0) || 管理

福島へ

てっきり、梅雨入りかと、思われた雨が、意外に早くあがって、月山が、予定どおり、16日土曜日になった。

私は、1日早く福島の友達の家に、向かう。

空は、どんどん晴れてくる。

宇都宮で、宇都宮餃子を、お土産に買った。
今晩のおかず!

那須の山頂は、雲に覆われ見えなかったけど、明日の天気に期待!!



Friday, 15, Jun 14:38 | トラックバック(0) | コメント(2) || 管理


(1/2ページ)
>1< 2 最後 

恋活 | 家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン
地震速報機 | パスキット | さくらのVPS | じゃらん♪ | 禁断のケーキ