beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



2006年4月を表示

登山靴

今度は、突然の知らせで、上京したので、山の装備がない!!

ザックだけは、パートナーが置いていったのがあるが!!

今日は、靴を買いに、池袋まで出た。

私の好きなお店は、「秀山荘」
改めて聞いたことはないのだが、私達が、学生時代、札幌で山用品の購入や、「大雪の自然を守る会」の連絡先に、お世話になっていたのが、札幌の「秀岳荘」!
「秀岳荘」のご主人(もう代が変わっているが)は、「秀山荘」で修行をされたのでは・・・と、勝手に推測して、親近感を抱いている。

高崎の石井スポーツでも探したのだが、私の好きな靴は、いまいち!!

私の好きな物は、全部皮の物。
かといって、重登山靴は重いし・・・。
ずっと前買って気に入っていたのだが、1足では不安と、2年ほど前、同じ物を、秋葉原の同じお店に買いに行った。
でも、ちょうど切れていて、お店の人に勧められ、その時は最近はやりのゴアテックスのヌバックを買った。
パートナーも、ヌバックが好きで、
「一度ヌバックを履いてみたら?」
といわれていたせいもあるのだが・・・。

ところが、ヌバックを買って、まだ、2年、それより前に買った皮の物は、大丈夫なのに、ヌバックは昨年の鳥海で、ソールが剥げてきた。
ソールが2重になっているから、まだ履けるといえば履けるのかもしれないが、剥げていると、ちょっと恥ずかしくて、実用には耐えられない!!

こちらに、1足も置いてないことを理由に、買うつもりで池袋に出かけた。
本当は、先週買いに行く予定だったのだが、母の緊急入所手続きで、今日になった。もっともそのおかげで、先週の山手線のトラブルに巻き込まれなかったのは、ラッキーだったが!!

池袋には、もう1軒、K山荘が、秀山荘のほんの近くにあるので、2軒の比較のできるのがありがたい。
(両方とも会員になっている)
k山荘を覗くと、女性の方が、靴の相談をしていた。
でも、お店の人が勧めているのは、やはり、今時の物!

次に、お気に入りの秀山荘に行く。
靴は、地下だった・・・と、地下に行くと・・・ない!!
1階の奥に場所が変わっていたようだ。
ここでも、年配の男性が、靴の説明を受けている。
「最近の靴は、2,3年すると、ソールが剥げてくるんですよね」
そうだ、そうだ!!
おなかの中でつぶやきながら、ふと見ると、下の段に、私の好きな型の靴が!!
説明を受けている、男性を、「すみません・・」と押しのけ、履いてみると、ぴったり!!
重さも片足1キロ以下。
グローネルのカラパタール!

値段を見たら、なんと!!
税込み希望価格34,650円・・・が、現品限り、9,990円!!
え、ほんと?お店の人に聞き直す!!ラッキー!!
もちろん即購入!!



その後、るんるんで、歩いていたら、バーゲンのチラシを貰った。

以前、バトミントンシューズを5分の1くらいの値段で買ったことがあるので、味を占めていた私は、まあ、パルコを覗いてみた。

残念ながら、ヨネックスはなかったけれど、今度履いてきた、リーボックがくたびれてきていたので、同じリーボックを購入。
これも、現品限りのお買い得品で、なんと、1490円!!

今日は、靴に恵まれた日だった!!



Saturday, 29, Apr 20:06 | トラックバック(0) | コメント(2) || 管理

生きがい

母の居場所が確定し、ほっと一息!

弟の病院に行っても、弟の説得を手伝ってくれた看護士さんに、
「タイムリーにちょうど空きが出来、母が老人ホームに入ることが出来たんですよ」
などと話し、
「良かったですねぇ」
「これで弟も、長期戦になりそうだけど、ゆっくり入院出来ると思います」
そんなことを話していたら、急に弟が泣きだした。

話してみると、どうやら弟にとっての生きがいは、母の介護だったので、空虚な気持ちに陥っているようだ。

娘にも
「心筋梗塞の後も欝に陥るみたいよ」
とは、聞いていたが、弟が、鬱になるだろうとは、私にも予想がついていた。

母の介護も何もかも自分の思う通りでないと気が済まない。
私が引き取ると言っても、聞かないどころか、デイサービスの介護士さんに対しても母に対する、介護方法が気に入らないと毎日ブツブツ言っていたくらいだ。

母の方も
「私がいないと・・」と言って私が鹿児島に誘った時には、断られたが、弟も、ケアマネさんと
「男の子って皆あんなに母親ベッタリなんでしょうかね!私達、女は、冷たいのかしら?」などと話すほど!
良く言えば、母親思い、悪く言えば、親離れが出来てない!
母も子離れが出来てない状態だったと思う!
冷たいようだが、
「介護にとられていた時間が空くんだから、これから自分がなにかやってみたいこと、ゆっくり考えてみたら?考える時間は、たっぷりあるんだし」
こればかりは、自分で考えるしかないと思う。

弟の病気、心筋梗塞は治ったようだが、主治医の予想が正しければ、拡張性心筋症は、直るものでは、ないらしい。

自分で生きがいを見つけて、生きる気持ちを持つしか、将来はないと思う!
どうも私は、突き放して考えてしまうのが、冷たいのだろうなぁ・・とは思うのだが・・・、なかなか直せない!



Thursday, 27, Apr 20:13 | トラックバック(0) | コメント(0) | 介護 | 管理

疲れた~!!

母の入所が済んでも、住所を老人ホームに移したり、それに伴う、書類の表記変更など。
老人ホームの経費が落とされる銀行に、母はすでに口座を開いているので、その住所変更。
同じ人物が、2箇所の住所で、口座を持つことができないからだという。

それが済んだところで、また老人ホームへ・・・。
母は、午前中慰問があったとかで、爆睡中!
同じ部屋のおばあちゃんと雑談してきた。

そのほか、今までお世話になったケアマネさんにご挨拶。
通所リハビリから、様々お借りしていたので、こちらにも、借り物を返しがてら、ご挨拶に。
つくづく今回は、いろいろな人のお世話になったと思う!

弟の病院に行くと、今まで電話でしか話したことのなかった、主治医とお会いすることができた。
今までは、母のことが中心で、主治医の体の空く時間になかなか出会えなかったのが、やはり、母のことが済むと、ゆったりできるようになったということか!

弟は、本人意識もあるし、気力も充分なのだが・・・。
心筋梗塞とともに、拡張性心筋症が疑われるという。
今、バルーンで、心臓の拍動の補佐をしているだけで、根本的な治療法はないのだとのこと。
入院時、2回に1回の補佐だったのが、3回に1回の補佐になり、4回に1回の補佐にしたところ、血圧が下がり、発熱もして、また、2回に1回の補佐に逆戻り。
ただ、機械を挿入して、もう3週間になるので、感染症が心配とのこと。
今日また3回に1回に変えたので、これでうまくいかないと、反対の足の付け根に再度手術で、付け替えないといけないとのこと!

これは、長引きそう!!
とりあえず、母のショートステイの支払いが、来月15日、、弟の病院の支払いが10日。

本当は、パートナーが出張で上京したとき、一緒に帰りたかったのだが、11日は無理そう・・・19日かなぁ・・・。

病院の事務に聞くと、最悪、鹿児島まで、請求書を送ることは可能とのこと。
また、退院のときは来なくてはいけないだろうが、来月、19日ころには帰る予定で、事を運ばなくては・・・。



Thursday, 27, Apr 14:56 | トラックバック(0) | コメント(0) | 介護 | 管理

入所手続き

月曜は、朝早く東京を出て、高崎に戻った。
朝早かったので、この日の山手線の騒ぎに巻き込まれることがなかったのは、思わぬ儲けもの!
これがなかったら、池袋に買い物予定だった。
それにしても、母のほうが、突然こんなことになるとは思ってなかったので、母の印鑑も、保険証も持っていなかった!

実家に印鑑や保険証などの書類を、取りに帰り、一休みして、老人ホームに向かう。
入所申し込み手続きをし、必要なもののリスト、次の日のスケジュールなどを聞いて、今度は弟の病院へ。

実は、弟の反応が一番心配だった。
あまりにも早い入所許可で、弟が入所を渋るのでは・・・。
ケアマネさんの
「よかったですねぇ。向こうもこちらの事情を考慮してくれたんですよ」
という言葉と、福島の友達の
「そりゃぁ、特老が、OK出たなら、絶対入るべきだよ」
という言葉に後押しされ、おそるおそる、切り出した。
ところが案ずるより生むが安し!
「そう!」
以前、主治医に引導を渡されたときに、相当考え込んで覚悟していたようだった。

次の日も、やはり朝早く、母のいるショートステイに。
10時半の特老入所なので、8時半に着いて、荷物の整理をした。
ところが、母は、車椅子でうとうと・・・眠ったまま!
結局お世話になった介護の方にも、お礼なしで、出発することになってしまった。

車椅子ごとなので、タクシーになったら大変・・・と思っていたが、前もって、ショートステイの職員の方が、車を確保していてくださり、車椅子ごと、特老に、行くことができた。

到着すると、今度は、特老の職員が、何人も手伝ってくださり、母は、談話室に。私は、面接。
相談員、管理栄養士、介護の方、医療の看護婦さん、ケアマネさん・・・などと、今までの母の状態から、今後の対応などの話し合いをする。

その後、入所の書類作成、今後の事務手続きなどを教えてもらい、母の荷物を整理して、おいとま。

次は、市役所。
母の転居届けに始まり、保険証や、介護保険証などの、住所変更。
まだ、銀行の住所変更が済んでないけど、今日はもう終わり!!
特老の、経費を引き落とす銀行に、母の口座があるので、その住所変更をしないと、特老が、母の名義で口座を開けないのだという。

昨日から、めちゃくちゃ疲れた!もうダウン寸前!

入所許可の連絡があって、二日間で、入所しなくてはならないのが、特老の大変なところ?!
昨年の9月、弟は、これがいやでやめたのだ・・・とは、今度初めて聞いた話。
福島の友達は、精神科の医師をしているので、患者を特老に・・・ということが時々あるらしい。
「特老は、ベットを空けたくないのよね、だから、空きが出たらすぐ・・・ってことになるらしいのよ」

何はともあれ、これで、急に、「何日からは、お預かりできなくなりました・・・」なんて知らせにおびえることはなくなった!



Tuesday, 25, Apr 14:40 | トラックバック(0) | コメント(0) | 介護 | 管理

山スキー

母の方は明日老人ホームの契約をすましさえすれば、一安心!
三春の友達を含む東北グループと5月の連休、春山スキーに行こう・・という話になった。

問題は、私のスキーの技術!そして装備!

スキーなんて何年もしてないし、ゲレンデスキーしか、した経験はない。
多分上から下までずっとボーゲンで降りて来ることになるだろう!

となるとまずは靴!
高崎でIスポーツを覗いたら、兼用靴・・というのは、スキー靴を歩けるようにした物。
逆に登山靴をスキーに使えるようにした物と思っていた私は、新規購入に、二の足を踏んでしまった!

友人達といろいろ検討を重ねた結果、いっそのこと、スキー靴にアイゼンを付け、登ったら?
という事になった。

しかし、残念ながら、私に合うスキー靴は友達のところになかったので、まずは東京にある息子の物をためし、さらにそれで駄目なら、千葉にある娘の物・・と考えている。
最悪、娘のなら合うと思うのだが、娘は、連休に入るとモルディブだったか、どこかに出かけてしまうということだった!
スキー靴に合うアイゼンがあるかどうかもわからないし・・・?

最初の予定では、月曜日は、東京でスポーツ用品店あさり~のつもりだったのだが、急に母の老人ホームが決まり月曜午前中には、高崎に戻らないとならない。
千葉まで娘のスキー靴を見に、行く暇はない。
しかし、本当のことを言えば、なにはともあれ、今現在、まずは母のことが最優先。
母の居場所が決まらないことには、動けない!!

本音は、早く鹿児島に帰りたいところだが、母の方がうまくいったとしても、弟のほうは、まだまだ入院は長引きそう・・・。
たぶん、連休後まではこちらにいないと、いけないと思う。
しかし、それだったら、連休は、暇をもてあましているはずで・・・初めての経験!!春山スキーに、行けたらいいな~~
成り行き任せの願望で~す!

主治医に、「とりあえず、命に別状が‥ということはないです」と、言われているせいで、こんな勝手なことできるのかもしれませんけどね!



Sunday, 23, Apr 10:56 | トラックバック(0) | コメント(0) || 管理


(1/5ページ)
>1< 2 3 4 5 最後 

家電バーゲン | 放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 楽天市場
FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | さくらのVPS | パスキット