beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



2006年1月を表示

ロイド・コッツェン・コレクション展

幸雲さんのブログbamboo basketsを見ていて思い出した。

実は、私も1昨年の今頃、京都の細見美術館にロイド・コッツェン・コレクション展を見に行ったのだ。

きっかけは、JALの機内誌。
ロイド・コッツェン・コレクション展の紹介とともに入場券プレゼントということが書いてあった。
当たったら行ってみたいな~くらいの軽い気持ちで応募した。

そしたら、なんと当たったのだ。
でもプレゼントは、ペアの入場券だけ。
交通費、宿泊費は、自分持ちなので、竹細工のお友達に、お孫さんが関西にいる人もいるようなので聞いてみた。
しかしながら、なにぶんにも京都は遠い。
なかなか行きたいという人が現れなかった

そのうちに、パートナーが、行ってもいいよ・・と言い出した。
学生時代の友人が、皇居から、京都御苑に転勤になったので、彼に会いがてら、京都御苑の文化財見学も楽しんでこようということになったのだ。



細見美術館は街角にあるこじんまりした、美術館だったが、次々にある小部屋に、すばらしい作品が並ぶ。

それまで、日常生活に使われている、笊や、籠ばかり作っていたので、あまりの違いにびっくり!
竹のそれまでと違う美しさに目を奪われた!

まさにこれは、竹細工ではなく、竹工芸だと思った。
少しでも近づきたいと思った!!

今考えると、コレクション展の展示作品の本を買ってくればよかった・・・と思うが、そのときは、少しでも技術を磨きたいと、佐藤庄五郎著「竹工芸~竹から工芸品まで~」を購入した。



夜いっしょに夕食をとった友達には、入場券が当たっただけで、わざわざ京都に来た・・という話に目を丸くしていた。
もちろん彼へのお土産は、竹の方口笊。

次の二日間は、彼が手配してくれた、京都御所、仙洞御所、桂離宮、修学院離宮を見て、夢のような日を過ごしてきた。

今になってよく考えて見るとあれ以来、どうも、日用品より、四角いものに目がいきだしたような気がする。
幸雲さんのブログbamboo basketsのおかげで、原点を思い出した。



Sunday, 29, Jan 13:45 | トラックバック(0) | コメント(8) | 竹細工 | 管理

MRI

事故の後、まだ手がしびれるし、頭の回転も悪いし、動体視力も落ちているが、MRIを撮って異常がなければ、これで、自賠責の請求をして、治療終了としよう・・と思って、脳外科に出かけた。

前もって、電話して、手術をしてもらった、主治医の担当時間に言ったのだが、やはり今日も主治医の先生は、オペが入ってしまって、見てもらえなかった。

MRIは、なかなか慣れない。
時計をはずしてしまうので、何分間かわからないけど、あの狭い機械の中で身動きしないでいるのは、本当に怖い。
「どうしても我慢できなかったら、手で合図してください」
とは言われたけど、これでやめても、いずれはまた撮らなくてはならないから、必死で我慢!!
20分から30分とのことだったが、未来永劫のような気がした。

脳挫傷の跡は、消えてなかった!
一生残るね。でも、日常生活に支障がなければ、多分大丈夫でしょう・・とのこと。
手の痺れるのも、頭の回転が鈍いのも、動体視力が悪くなっているのも、治療法はないとのこと。
後考えられるのは、癲癇症状だそうだが、事故直後に出てないから、多分大丈夫だろうという。
ただ、頭痛が始まったら要注意だから、そのときは病院に来るよういわれ、これで終了。

とりあえずは、これで、昨年の事故の後始末は終了!



Thursday, 26, Jan 10:25 | トラックバック(1) | コメント(0) | 災難 | 管理

集団下校

月・火と、山に出かけたので、体大の学生に頼んで、ボランティアをお休みした。

久しぶりに行ってびっくり!

まず隣の1組の子が、集まってくる。
「先生、今日は集団下校だから勉強会できないよ」
え~、なにかあったの?
聞くと、1昨日、1年の女の子が帰宅するとき、変な人に付きまとわれたと言う。
「第一鹿屋中のパンツちょうだ~いって言ったんだって!」
だってここは、鹿屋第一中じゃないじゃない?
「だからおかしい人なんだよ」
でも今日は男の子の日だから、関係ないよ!男子は気にしなくていいんじゃない?
「わかんないよぉ、先生だって僕のパンツ欲しいでしょ」
冗談でしょ!!むさくるしい中学生のパンツ貰ってどうするの!
大笑い!!
昨日は警察が来て、構内を見て回ったりもしたという。

そのせいか、今日来るはずの男子生徒の集まりが悪い。
「パンツ獲られたくなくて早く帰ったのかしら?」
聞くと、○○君は、欠席で、××君は早退で・・・
どうやら、男子生徒は体が弱いようで、早くも風邪のウィルスに侵されているようだ。

男子が帰った後、いくら男子の日だって言っても来るYちゃんがやはり来た。
「先生が来なかった時、Z先生がまた事務の先生とあれやったんだって!」
そういえば、今日、来たとき、事務の先生につかまって、
「あの月曜に来た先生は、なんなんですか~!」
と愚痴られた。
「変わっているみたいですから気にしなくていいですよ」
軽く受け流しておいたが、結構凄かったようだ!
ボランティアなんだから、もめるなよ~!
中間管理職の悲哀のようなものを感じる!



Wednesday, 25, Jan 18:45 | トラックバック(0) | コメント(0) | ボランティア | 管理

大雪の自然を守る会

昔参加していた、「大雪の自然を守る会」の同窓会の通知が舞い込んだ。

なんとまあ、30年ぶりくらいだろうか!

大雪山に、縦貫道が造られると聞いて、その反対運動のために集まった仲間達だ。
当時学生だった私は、一番暇人だったせいもあって、会計を引き受けたり、旗を作ったり調査隊に同行したり結構のめり込んでいたものだ。

もともとうちのサークルが母体だったのだが、社会人の参加が増え、いろいろな人たちと知り合うことが出来た。
今度のお誘いは、隣の女子大の山岳部OGの方から。
だいぶ減らしたらしいが、まだ、利尻・礼文に通勤してはガイドをしていると言う。継続19年と言うから、凄い!
札幌の山用品のお店「秀岳荘」のご主人にもお世話になったし、故坂本直行さん(画家・坂本竜馬の孫)ともお近づきになれた。新得の畜産試験場の山岳部の方ともいっしょに沢登をしていろいろ教えていただいた。

結局、私が、北海道を離れたあと、2回目の札幌オリンピックを阻止して解散したと言う話を風の便りに聞いた。

懐かしい~!!
でも、なにぶんにも北海道は遠いよ~!!
ボランティアも休めないし!
やっぱりいけないな~。
次回にはいけるよう、お金を貯めようっと!



Tuesday, 24, Jan 00:38 | トラックバック(0) | コメント(0) || 管理

佐賀の山

月曜日が休みになった、パートナーの希望で、佐賀の山に出かけた。

「え~、佐賀に山なんてあったっけ?」
佐賀の山は初めてだ。
予定では、1日目は黒髪山に登り、嬉野温泉に泊まって、次の日虚空蔵岳登頂予定。

乳待坊展望台から見る黒髪山は、岩峰のそそり立つなかなかの山



登山口までの林道には、小さな仏像が並び信仰の山を感じさせる。

山頂近くなると岩場岩場の連続。
しかし整備が出来ていて歩きやすい。
標高が低いせいか、1時間ほどで山頂。

見返り峠に戻って、予定になかった、青螺山も登ることにした。
天気が良いせいか、どちらの山も登山客は4,5組いるが、なぜか黒髪山のほうは、年配の男性ばかり。
青螺山は女性が多い??!



青螺山の山頂で、お昼。
いっしょになった地元のグループと情報交換。
「私達、いつか鹿児島の開聞に登りたいのよねえ」
そのうち、佐賀の話になり、佐賀出身の「はなわ」がこの前佐賀に来て見に行ったと言う。
「佐賀の牛丼屋さんて『吉田屋』って言うんですってね」
冗談で言ったのに
「そうよ、同じオレンジの看板でね。でも佐賀牛使っているから、値段は高いけど美味しいのよ」

え~!そりゃあ、一度は食べて見たいもんだ!
その日は嬉野温泉に泊まって、次の日予定通り、虚空蔵岳に登った後、探しながら帰った。
しかしなかなか見つからない。
ガソリンスタンドのお兄ちゃんに聞くと
「あはは、『吉田屋』ですね。よく聞かれるんですよ。
前佐賀神社の近くにあったんですけど、今はなくなったそうですよ」
佐賀牛を使っているなら、材料不足ってこともないだろうに。
ザンネ~ン!!



Monday, 23, Jan 23:32 | トラックバック(0) | コメント(0) || 管理


(1/4ページ)
>1< 2 3 4 最後 

FX自動売買 | 禁断のケーキ | じゃらん♪ | 恋活 | 家電バーゲン
放射能測定器 | 避難リュック | 本のバーゲン | 地震速報機 | パスキット