beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by May/25/2006

入所手続き

月曜は、朝早く東京を出て、高崎に戻った。
朝早かったので、この日の山手線の騒ぎに巻き込まれることがなかったのは、思わぬ儲けもの!
これがなかったら、池袋に買い物予定だった。
それにしても、母のほうが、突然こんなことになるとは思ってなかったので、母の印鑑も、保険証も持っていなかった!

実家に印鑑や保険証などの書類を、取りに帰り、一休みして、老人ホームに向かう。
入所申し込み手続きをし、必要なもののリスト、次の日のスケジュールなどを聞いて、今度は弟の病院へ。

実は、弟の反応が一番心配だった。
あまりにも早い入所許可で、弟が入所を渋るのでは・・・。
ケアマネさんの
「よかったですねぇ。向こうもこちらの事情を考慮してくれたんですよ」
という言葉と、福島の友達の
「そりゃぁ、特老が、OK出たなら、絶対入るべきだよ」
という言葉に後押しされ、おそるおそる、切り出した。
ところが案ずるより生むが安し!
「そう!」
以前、主治医に引導を渡されたときに、相当考え込んで覚悟していたようだった。

次の日も、やはり朝早く、母のいるショートステイに。
10時半の特老入所なので、8時半に着いて、荷物の整理をした。
ところが、母は、車椅子でうとうと・・・眠ったまま!
結局お世話になった介護の方にも、お礼なしで、出発することになってしまった。

車椅子ごとなので、タクシーになったら大変・・・と思っていたが、前もって、ショートステイの職員の方が、車を確保していてくださり、車椅子ごと、特老に、行くことができた。

到着すると、今度は、特老の職員が、何人も手伝ってくださり、母は、談話室に。私は、面接。
相談員、管理栄養士、介護の方、医療の看護婦さん、ケアマネさん・・・などと、今までの母の状態から、今後の対応などの話し合いをする。

その後、入所の書類作成、今後の事務手続きなどを教えてもらい、母の荷物を整理して、おいとま。

次は、市役所。
母の転居届けに始まり、保険証や、介護保険証などの、住所変更。
まだ、銀行の住所変更が済んでないけど、今日はもう終わり!!
特老の、経費を引き落とす銀行に、母の口座があるので、その住所変更をしないと、特老が、母の名義で口座を開けないのだという。

昨日から、めちゃくちゃ疲れた!もうダウン寸前!

入所許可の連絡があって、二日間で、入所しなくてはならないのが、特老の大変なところ?!
昨年の9月、弟は、これがいやでやめたのだ・・・とは、今度初めて聞いた話。
福島の友達は、精神科の医師をしているので、患者を特老に・・・ということが時々あるらしい。
「特老は、ベットを空けたくないのよね、だから、空きが出たらすぐ・・・ってことになるらしいのよ」

何はともあれ、これで、急に、「何日からは、お預かりできなくなりました・・・」なんて知らせにおびえることはなくなった!



Tuesday, 25, Apr 14:40 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


(1/1page)