beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



月山

福島の友人宅を朝5時前、期待とともに、出発した。
空は青空!

窓からは、安達太良が、綺麗に見えている。

月山姥沢の手前、志津駐車場で、酒田から来る先輩と、待ち合わせることに、なっていた。
志津駐車場は、無料。
スキー場に隣接した姥沢駐車場は、1台1000円の協力金が、必要なので、1台にまとまって、ささやかに節約!

福島を出発した時、晴れていたのに、月山に近くなると、ガスって来た。

月山に沢山の雪があり、温度も低く、高度もあるので、湿度が高いのだろう…とは、友達の説明。



スキー場には、沢山の人々と車。
それでも、皆の話では、いつもの年より、少ないらしい。
「天気予報が最初悪かったからじゃない?」
私が、言うと
「いやいや、天気なんて悪くたって、この時期の月山は、さくらんぼ狩りもあるし、スキーやスノボのイベントなんかで、いつも混んでるんだよ」

そうみると、8:2くらいで、スキー客のほうが多い。

それでも、貸し切りバスの登山客なども。
私達は、その中間?私に付き合ってくれた酒田の先輩と私は、登山装備だが、福島の友人夫婦はショートスキーをザックに付けて、9時、リフトに乗る。



皆の話では、今年は、例年より雪が少ないという。

雪渓が、途切れ途切れで、アイゼンの着けはずしを繰り返しながら・・・
ルートを探しながら、登っていく。

時には、ガスが晴れるが、おおむね視界なし!



それでも、つかの間山頂が見えた!!

山頂小屋には、トイレがあって、有難い。

アイゼンの付け替えで手間取ったせいか、花の写真撮影で手間取ったせいか、3時間のコースタイムが、大幅に遅れ、12時半、山頂に着く。



普段は、ここに神主さんが、常駐していて、ここに入るのに拝観料500円だそうな。

我々は、100円のお賽銭で、許していただく。

三角点は、この神社の後ろ。
でも、「月山」の表示はなし。

「ずうっと前はあったんだけど・・・」
とのこと。

信仰の山。三角点まで来る人は、少ないこともないだろうけど。

下るにつれ、どんどん晴れてきた。
友人夫妻は、あっという間に、滑り降りていってしまった。
私たちもそれでも、1時間ほどで、リフト終点まで下り、晴れ上がった東北の山をしばし楽しんで帰った。



Sunday, 17, Jun 15:45 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)