beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



スネイプ先生

ハリーポッター、やっと最終巻まで、再度読み終わった。

忘れていたことがいっぱい!!

スネイプ先生は、ダンブルドアから頼まれ、フォグワーツを守るため、校長になったのだったっけ!
プリベット通りを逃げ出すとき、スネイプが襲撃してきたのも、わざとだったようだし・・・!

スネイプが、ヴォルデモーツが、リリーを襲ったとき、気持ちを入れ替え、ダンブルドアに従うようになった・・・とダンブルドアに語っていたが、厳密には、ヴォルデモーツが、ハリーを襲うことを知った時、スネイプが、ダンブルドアにリリーを助けてくれるように頼みに行く。
そして、ダンブルドアが、
「代わりに何をする?」
と聞くと、
「Anything」
と、答え、それに従ったわけだ。

スネイプは、りりーにふられたのに、最後まで、リリーの子供のために、力を尽くしたのね!

ダンブルドアは、ヴォルデモーツが、エルダーワンドのオーナーになるために、スネイプを殺すこと。
そのためには、スネイプがダンブルドアを殺さなくてはならないこと、すべてスネイプに教えていたのだ!!

なんとなく、「悪女の深情け」の男性版のような気がしないこともないけど。まぁ、それだけ、リリーを愛していたということよね。

リリーが亡くなって、悲しみのあまり、パトローナスが、リリーと同じ「雌鹿」に変わったわけだ!
そういえば、独身だったしね!

スネイプは、愛に生きた「いいもん」だった・・・というのが、子供のお話らしいのかな??



Wednesday, 20, Feb 17:25 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)