beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



ハリーポッター

ホグスミードは、ハリー達を待ち受けるデスイーターやディメンターであふれ返っている。
あわや…というところでハリーがパトローナム牡鹿を出し注意をそらすが、かえってそれがハリーの存在を知らせてしまう。

私はハリーのパトローナム、うろ覚えでてっきり牝鹿と思って、それにしては、話が通じないなぁ…と思っていた。
やっとこれで納得!

ハリー達が逃げ込んだのは、ホグスヘッド。
ここのマスターはデスイーターではない…という確信の元だったが、なんと、それどころか、アバーフォースだった。

グリフィンドールの剣を教えてくれた牝鹿のパトローナムについては言葉を濁したが、ドビーを差し向けたのは、彼だった!

しかし、ホォグワーツに行くと言い張るハリーに、
「もう兄の計画に従うことはない」
と言う。

「フェニックスの騎士団は、もうない。You-know-whoが勝ったんだ」

それでも聞かないハリーにダンブルドア家の悲劇を語る。

彼は兄の生き方が認めらなかったのだ。
しかしハリー達の知るダンブルドア先生の違う一面に考えを変え、アリアナの絵の中のトンネルを教えてくれた。

ハリーがトンネルを抜けると、そこにいたのは、ネビル!

「ハリー、来ると思っていたよ」



Thursday, 27, Sep 23:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)