beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Oct/20/2007

ハリーポッター

テントの中では、ハーが杖を構えていた。
でも、目標は、ハリー!????

ハリーの顔をめがけ、光線が走る!!

なぜ、ハーがハリーを???
そのうち、ハリーの顔を判らなくして、ピンチを切り抜けるつもりかな・・・と思われてる状況になってきた。

ハリーは、目をやられ何も見えないが、入ってきたデスイーター、声で、狼男のグレイバックであることが分かる。

名前を聞かれ、バーノン-ダーズリーと名乗り、ホグワーツはスリザニン。父親は、魔法省の魔法破壊部にいる・・・と、それなりにつじつまの合うことを答える。
だんだんグレイバックもその気になってきて、あげくに、もう一人のデスイーター、スカビアーが、「そういえば、魔法省にいたかも・・・」
なんて言い出したので、うまくいくかな・・・という流れになってきた。さすが、ハー!!

と思っていたら、「グリフィンドールの剣が見つかった!!」という知らせ。

さすがのグレイバックも、ハーに気づき、ロンに気づき、ハリーに気づいた。


ハリーは、、ひたすら心を空にし、ヴォルデモーツの心にコンタクトをとる。
ヴォルデモーツは、どこかのお城に、誰かに会いに行っているようだ。窓からのぞくと、寝ているのか、死んでいるのか??
ヴォルデモーツが忍び込むと、その男は立ち上がり、歯のない口で笑いかけ、
「来たか?いつか来ると思っていたよ。でも、無駄だったね。私は持ってないよ」「うそだ!!」

グレイバックたちは、どうやら懸賞金目当てだったらしい。
デスイーターのなりこそしているものの、狼男のグレイバックは、本当のデスイーターのように、魔法省に行くパスがないらしい。
そこで、前線基地になっている、マルフォイ屋敷に行くことになった。

捕まっちゃったんだから、ハリーたちのリュックサックは持っていかないよね。
ハーの数珠玉バックも・・・!
ダンブルドアから貰ったスニッチに、「復活の石」が入っているかもしれないのに。私は無駄な心配をする。

マルフォイ屋敷に着くと、ナルシッサにまずお目通り。
お目通りといいたいくらい、威厳がある感じ!!
「ハリーポッターを捕まえました」
グレイバックは自分を売り込むが、ナルシッサは動じない。
「息子がイースターで帰ってきているから、見てもらいましょう」
ところが、あまりにハリーが変わってしまっているためか、ドラコは、「分からない・・・」
持っている杖もオリバンダーの物ではないし・・・
ハーやロンに対しても、「よく分からない・・・」
そんなものかなぁ?
まさか意図的じゃないよね。

ルシウスは、
「もし我々がハリーポッターを捕まえたと闇の帝王がお知りになったら、我々は許されるかも知れない」
なんて言っている。何か失策でもしたのかしら?
覚えてないなぁ!!
あとから現れたべアトリクスに、
「あなたの権威なんて、あなたが杖をなくしたときに無くなったのよ」
なんて言われているから、何かポカをやったんだろう!

それにしても、ベアトリクスの、怖いこと!!
ハリーたちは大丈夫??



Thursday, 20, Sep 08:46 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin


(1/1page)