beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Mar/2008

ホークラックス

「謎のプリンス」を読んでいて、見つけた!!

5個目のホークラックス!!

ホークラックスとは、6巻で説明されているが、ヴォルデモーツが、魂を分割して万一の場合に備えたもの。
日本語では「分霊箱」だったかな??

ハリーが、ドラコにプリンスの教科書で覚えた術をかけ、ドラコが血だらけになった時、スネイプが、ハリーに教科書を持って来るよう命じる。

今考えると、スネイプはわかっていてのだろうが、ハリーはプリンスの教科書を「必要の部屋」に隠す。
その時に、脇にあった鬘とティアラで隠す。
このティアラが、「レイブンクロウのティアラ」、5番目のホークラックスだった!!

魔法のラッキー数字は「7」だと言う。

そういえば、ハリーが、17歳になって、防御の魔法が解けてしまい、プリベット通りを脱出する時、不死鳥の騎士団が助けに来る。
その時ポリジュースで、影武者を作り、7人のハリーポッターになり、ロンの家を目指す!!
この7人と言うのも、魔法の数字だからなのだろう。
ラッキーセブン・・・と関係あるのかなぁ?
でも、ラッキーセブンは、野球からきているように聞いた気がするけど。
野球はアメリカのスポーツだから、イギリス、ことに魔法使いには関係なさそうだし・・・?


話がそれてしまった!!

魔法の数字の「7」
ホークラックスも、「7」と言う話だった!!

6巻までで、二つは見つかっている。

まず、2巻で出てきたトムリドルの日記
これは、ヴォルデモーツの意思ではなく、預かっていたルシウス・マルフォイが、深い考えもなく使ってしまったらしい。が、おかげで破壊された。

マールボロ・ゴーントの指輪
これは6巻でダンブルドアが破壊したと言っている。

残りは5個!!

6巻でダンブルドアは、1つはヴォルデモーツ本人だから、あと4つだ・・・と言っているが、実は、その時からダンブルドアは、あと5つだと見当をつけていたらしい!!

まずは、ダンブルドアが苦労して手に入れたロケットに代わる、スリザニンのロケット。
ダンブルドアが見つけたのは、シリウスの弟レディキュラスによってすり替えられていたが、ハリーたちが魔法省に乗り込みアンブリッジから取り戻す。
でも破壊するには、グリフィンドールの剣が必要。
ところがフォグワーツにある剣は偽物だった。
それでも、ハリーが逃亡テント生活をしていた時、銀の牡鹿のパトローナスに導かれ、ロンの助けを得て剣を見つけロケットは破壊された!!

4番目が6巻で出てきた、八ッフルパフのカップ。
これも、グリンゴッツに乗り込み苦労して破壊!!

そして、5番目が前述のレイブンクローのティアラというわけだ。

6番目がナギニ。
これは、もともとヴォルデモーツの分身みたいに不気味な存在だった。
ゴドリックの谷(ハリーの両親やダンブルドア一家の住んでいた村だ)で、歴史家のバチルダに化け、ハリーに襲い掛かったり、常にヴォルデモーツの脇に控える恐ろしい存在だった。

最後の七つ目のホークラックスが、ダンブルドアは、生きているうちには明かさなかったが、ハリーポッター!!
そういえば、ヴォルデモーツは、自分のホークラックスが破壊されたことには、気づいてないらしく、最後にあやうくなってから、ホークラックスをひとつづつ、確かめることを始める。
ハリーは、ヴォルデモーツの意識がわかるのに、ヴォルデモーツはハリーの意識が読めない。
最初、これは
「ハリーのほうがヴォルデモーツを超えたね!!」
と思っていたが、実はハリーの中にヴォルデモーツの一部が存在していたために起きた現象らしい。

ハリーがパーセルタング(蛇語)を使えたり、ヴォルデモーツの意識が読めたりしたのは、ハリーの中にヴォルデモーツの分霊が入ってしまったからだったらしい!

トレローニー先生の予言だけでは、ヴォルデモーツを倒す「選ばれた者」が、ハリーかネビルかはわからなかった。
が、ヴォルデモーツが、ハリーを襲った時に、ハリーのお母さんが楯になり、ヴォルデモーツの
一部を取り込むことによりハリーが生き残り、必然的に予言の男の子はハリーになった・・・わけだ。

ハリーは言う。
‘He killed me with your wannd’
ダンブルドアは言う。
‘He failed to kill you with my wand’
ハリーは、自ら、ヴォルデモーツにKilling Curseをかけさせたのだ!!



Tuesday, 05, Feb 19:40 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

札幌雪祭り

小樽泊まりかと思っていたら、雪祭りの写真が届いた。

確か雪祭りは5日から・・・と思っていたから、前夜祭??



氷の建物は、外国かな??

お城は勿論日本。どこのものだろう??



昔話や童話がテーマと思うけど・・・わからん!

ライオンがいるのは「ナルニア国」かなぁ??
アスランだったっけ??
でも「ナルニア国」って、マニアっぽくない??

と思っていたら、最近映画が出来たそうで、やはり「ナルニア国物語」だったようだ。



ホテルは時計台のほうと言っていたから、道庁まで歩いて、後は戻ったのだろう。


学校は、今日。

タクシーでポプラ並木まで行きたい・・・と、私にノウハウをしきりに聞いていたけど、行けるかな?

私は「工学部のT先生のところに行きます」
と言うんだけど、
「獣医じゃあ『18条にまわってください』と言われそうだし・・・歯学部のH君の名前使おうかな??」
果たしてどうなることか??



Tuesday, 05, Feb 09:38 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

小樽

パートナーが北海道に行っている。

写真だけ届く。

支笏湖出発だから、最初は樽前かなぁ??
でも樽前の麓、モーラップは通らないだろうし??



支笏湖からだから、次は羊蹄かな???
と思っていたら、この山は、活火山っぽい!!

まさか、昭和新山じゃないよねぇ!!
洞爺湖温泉に泊まったわけじゃないんだから・・・??

ひょっとして、ニセコ・イワオヌプリ??



順番が正しければ、ここで羊蹄が出てくるはずないし・・・

それでは、手稲??
まさか、山だけ見るために、札幌方向行き過ぎるはずないしね!

積丹岳とか、天狗とか、独立峰では見えないよね~??



そういえば、ざーとらしく、
「小樽のお寿司屋さんでの予算はね~」
とか言っていたっけ!!

今夜の夕ご飯はお寿司らしい!!

いいなぁ!!

鹿児島では、桜島が、相変わらず今日も活発みたいだけれども、我が家方面はたいしたことない!!
場所によっては、灰が沢山降るらしく、
「久しぶりに灰が凄くていやになる」
と、友達がぼやいていたが・・・。


私は・・・ハリーポッター「死の秘宝」 Kinng'sCross
(亡くなったダンブルドアが真相を話す場面)でも読みながら早く寝ようっと!!



Monday, 04, Feb 18:09 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

支笏湖・氷涛祭り

パートナーが、朝早く家を出て、北海道に向かった。

目的は、出身校に行って、就職勧誘。
もっとも従業員の慰安旅行に便乗していったから、ほとんどは観光なのだと、私は思っている(いいなぁ!!)

ところが、昨年から、鹿児島-札幌直行便は飛んでない。
どうやら、羽田乗換えだったようだ。
ところが、今日の東京は今年一番の大雪!!

お昼頃
「飛行機が飛ばないんで、まだ鹿児島空港だよ~!名古屋便は満席なんで、今、関空乗り換え交渉中だよ~!!」
他人の不幸は蜜の味!!
「ざまあカンカン♪」



それでも夕方には、
「支笏湖に着いた!くたくただよ~!!」
連絡が来た!

学生時代、学校の寮があったので、暇があると行っていた支笏湖!!

でも送ってきた写真に風不死岳しか写ってないよ~!!
樽前と、風不死で、「支笏湖~!!」と思うのに!!ネ!



支笏湖は、今「氷涛祭り」だという。

20年位前は、氷の彫像の並ぶ「氷祭り」だったような記憶があるけど・・・



確かに、出来ているものは、氷ではない!!

大きさも氷の頃より、大きい!

ミニ雪祭り・・・という感じ!!



Sunday, 03, Feb 20:08 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

オリバンダー

やっと「謎のプリンス」を読み出した。
「ハーフブラッド」の日本語訳が、「謎」になったのも知らなかった!!

作者に許可を取って、謎と言う言葉を使わせてもらったと、断り書きがあった!!なるほどねぇ!

原本を、読んだのは何年前だったか、それにしても忘れていたことの多いこと!!

ダイアゴン横丁のオリバンダーの店からオリバンダーがいなくなったと言うことが書いてあったのも忘れていた。
というより、気にもとめてなかったのかもしれない。

「死の秘宝」のひとつである、エルダーワンド。
(エルダーの木で作られた杖で、どんな杖より強い杖)

ハリー達は、ダンブルドアの命でひたすら「ホークラックス」を探しているが、ヴォルデモーツは、「死の秘宝」
を探していた。

オリバンダーを拘束したのも、エルダーワンドの情報を取るためだった。
マルフォイ屋敷に繋がれていたオリバンダーはハリーたちに助けられた。
彼の話によると、エルダーワンドは、オリバンダーと同じ杖職人のグレゴロビッチが持っていたが、グリンデルバルドに盗まれた。
そして、グリンデルバルドは、ダンブルドアに敗れ、エルダーワンドは、ダンブルドア先生に渡っていた!!

この頃ダンブルドア先生は学校を留守がちで何をしていたか不明だったが、ホークラックスと共に、エルダーワンドも手に入れていたことになる・・・。



Friday, 01, Feb 09:05 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin


(3/3page)
Top 1 2 >3<