beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Mar/27/2006

竹干し

日曜は雨だったので、車庫の中に、取り入れた竹を、今朝また外に出した。

先日煮た竹をこのところ毎日干している。

干していると、採るときに一応吟味してきたはずだが、まだ若い竹が入っていることが、わかってくる。

若い竹は、二つ割にしているので、丸まってくる。
それを防ぐために、節をつけたままなのだが、それでもなお丸まってくる。
しかし今年の竹は、物が良かったようで、まだ、丸まって、丸まって、また丸い竹になった・・・・などというほどのものはない。

ただ、煮ているときに話題になった、節の周りの汚れの輪!
(煮たところで拭き上げるのだが取れないので、汚れという言い方はおかしいかもしれない)
これはどうやら、若い方が、取れにくいような気がする。

拭きながら、皆で
「これは、おんじょう(年寄り)だからしみがとれんのじゃろ」
「いえいえ、若いからとれないのよ、蒙古斑みたいな物よ」
などと言い合っていたのだが、どうやら、干しながら観察して見ると、輪の残ってないほうが、縮みも、丸まりも少ないようだから、良い竹のようだ。

輪の残っているのは、どうやら二年物のようらしい!



Monday, 27, Feb 11:15 | Trackback(0) | Comment(0) | 竹細工 | Admin


(1/1page)