beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 




==Explain==
目指せ100名山・・・かな?

その割には、何度も同じ山登ったり、マイナーな山が好きだったり・・・。
100名山になるのはいつかしら?


一夜山

高崎山岳会の、鬼無里一夜山山行に、参加した。

遠く長野の鬼無里まで、出かけて、1,2時間の山では勿体ないなぁ・・・
と、思って逡巡していたのだが、パートナーに、
「俺、その日仕事だし、行ってきたら?」
勧められ、重い腰をあげた。

リーダーさんが、以前登ろうと思ったら、道路が通行止めであきらめ、気になっていた山だとのこと。
今回も、林道に入った所で通行止め!
細い道で、バスは進むも戻るも出来ず立ち往生。
幸いリーダーさんが、先を探索してきて、それでも工事現場までは行くことが出来た。

何とか8時、登山開始
しかし1時間歩いたが、登山口なし。
林道の分岐を間違えたことに気づき、逆戻り



登山口に着いたのは、10時。
山頂は右手に見えているので、車も通りそうななだらかな道が、大きく回りこんで登っているようだ。

ここから、コースタイム50分くらいらしい。

でも、リーダーさんは、頂上目指して直登しよう・・・という!

先日の大屋山を思い出し、
「え~!!王道を行きましょうよぉ」



「早くついても、仕方ないだんべ」
リーダーさんのひと声で、道なき道を、今日もまたよじのぼった。

二人ほど、なかなか登ってこなくて、立派な道に全員が戻ったのは、1時間半ほどの後!!

山頂に着いた時はお昼になっていた。
リーダーさんの思わくどおり(笑い)



山頂は、360度の展望!!

中央が白馬岳。
昨年の市民ハイクで、白馬に登った面々は、
「あそこを登って、右に回り込んで下りて来たんだよねぇ」
感極って、口々に話す。



北アルプス方面も見える。

槍があるので、わかり易く、皆、山の同定に余念がない。

思う存分山々を眺め、下りは、こごめやふきのとうを採りながら・・・。

最後は、いつもどおり鬼無里の湯で、汗を流して、帰途に着いた。



Monday, 17, May 08:49 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

黒滝山&大屋山

先々月だったか、高崎山岳会と登って撤退した黒滝山にリベンジした。

その時は、確かに残雪はあったし、雪も降って来たので仕方がないね~と、納得した。

前回撤退したのは、垂直梯子の手前!!

今日は、昨日時期外れの雪が、関東北部に降ったというものの、よい天気!
心配した積雪もなく、順調に通過!



怖がり屋のパートナーも、普通に登って来た。

この難所を過ぎると普通の登山道で、結局、難所はほんの10分ほど!!
あと、5分頑張れば良かったのに!!

前回の撤退は勿体なかったな・・・と思うものの、団体だといろいろな人がいるので仕方ないのだろう!!



難所を過ぎるとすぐに見晴らし台。

その後観音岩と鷹ノ巣山に行って、下山。

予定では、来る時に見た、九十九谷登山口に下りるつもりだったが、標識は、「上底瀬」と「下底瀬」しかない。

途中分岐はなかったし…九十九登山口が二つあったことから、「上底瀬」を下りたら、道祖神脇の登山口で、「下底瀬」を下りたら、下のほうの九十九登山口だよ~!!
二人で勝手に決めて、上底瀬に下りたら、予想的中!!
道祖神の前だった(笑い)



黒滝山は往復2時間。10時に下りて来たので、もう1座、大屋山を登ることにした。

大屋山は、下底瀬からの、登山。
コースタイム2時間弱。ランクA
うまくいけば、さらに鹿岳までチャレンジ出来るかな・・・と、楽観して出かけた。

ところが、とんでもない!!
この山も、新しい道が出来ていて、登山道は舗装道路でぶった切られていて、なかなか繋がらない!!
2番目の舗装道路まで40分位と思う所で60分かかり、さらに、20分で登れそうなヒノキ林に40分かかり、結局西峰に着いたのは2時間以上歩いた後!!
強引にヒノキ林を直登したのが一番大変だった!!
めちゃくちゃ疲れた!!


下りてきて気付いたこと!間違いは、最初に舗装道路に出た後、登山道に戻って右岸を歩いてしまったこと!!
下りてきて改めて確認しても、しっかり道が出来ているので、さぞや、沢山の人が間違えた道を登ったことだろう!



それでも西峰からは、近郊の山々が一望出来て、次は鹿岳かな~!!
などと話しながら、下山した。

でも、この山も、一番下からのルートはいずれ廃れて、最後の石井さんのお宅からの登山ルートだけになってしまうんだろうね~!!

登る方、ホームページをご覧くださいねぇ!



Friday, 14, May 20:16 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

荒船山&物見山

先日蓼科に登って、また山に登る気になったパートナーを誘って、荒船山に出かけた。

パートナーは、昨年の死亡事故があるまで、荒船山という山を知らなかったという。

荒船山は、西上州のどの山からも見える独特の形状の山。



トモ岩は、覗き込むのは怖いほど切り立った崖!!

天気が良いので、浅間や白根、遠くは北アルプスまで望むことが出来る。
登山客も多く、次から次へと登って来る。



本来、荒船山という山はなかったようで、山頂は行塚山(経塚山)という表示がある。

山頂からは、先週登った物語山のメンベ岩が見え、皆口々に、
「あの岩凄いねぇ!!」
覚えたばかりの知識を披露



午前中に下りたので、神津牧場に移動。
神津牧場の駐車場から、物見山に登ることにした。

我が家にあったガイドブックは、昭和64年に亡くなった父のもの。
ガイドブックでは登山道が続いているはずが、その後道路が出来たようで、あちこちで舗装道路で分断されている。

物見岩からは、午前中登った荒船山が見えている。



牧場の脇に山頂のある物見山には、塔が建っていて、ちょっと味気ない。(わかっていたことだけど)

下りは香坂峠経由で、神津牧場に下りる。
牧場で、遠足の中学生と一緒に、アイスクリームを食べ、さらにいつものこんにゃく食べ放題のお店に寄って、こんにゃくをお腹いっぱい食べて、帰途に着いた。



Monday, 10, May 08:11 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

蓼科山

連休、近場でくすぶっていたが、少しは出かけてみようと、蓼科山に登りに行った。

高崎4時出発。
スズラン峠登山口7時到着。



このところすっかり暖かくなってきているが、高い山には雪が残っている。

登りだして1時間で残雪の道になる。

それでも、もう雪が締まっているのでアイゼンは必要ない。



でも、森林限界を超えると、一面の雪原!!

あ、小屋が見えた~・・・と叫んだとたん、雪を踏みぬいて、キャー!!



山頂は、ちょっと物足りない杭一本!!

パートナーは、これで、100名山にもう一座追加でにんまり!!

4時間でなんとか登って下りて来た!!



Wednesday, 05, May 19:34 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

物語山

高崎山岳会と、物語山に登った。

右脇に、メンベ岩を従える物語山。
メンベ岩には言い伝えがあるという。

豊臣方の前田氏に攻められた、北条方の地元の城主が、闇にまぎれて、城を逃げ出した。
山に逃れて、追手を振り切るため、山に繋がる蔓の橋を切り落とした。
ところが朝目覚めてびっくり!!
孤立した岩の上。
下りることが出来ない!!
どうしようもなく、城主らはメンベ岩の上で城の方向を向いて自害したという話が伝わっているとのこと。



林道歩き40分。
60分ほどでコルに出る。

そこからまずは、西峰。
浅間山や、荒船山が望まれる。



折しも、ムラサキヤシオが満開!!

九州でいう「アケボノツツジ」と同じと思うが、リーダーさんの話では、微妙に違うらしい?!



西峰より50mほど高い、物語山頂には11時到着。
お昼にはまだ早いが昼食。

裏妙義と表妙義が目の前!!



林道入口に戻って、今度は、阿唱念の滝へ。

滝のはずだが、音は聞こえないし、沢は伏流水で流れが途えているので、半信半疑で1時間程歩いて、阿唱念の滝到着。

水量は少ないものの、岩壁に囲まれた滝は
なかなか見応えがあった!!



Sunday, 02, May 20:45 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin


(5/33page)
Top 1 2 3 4 >5< 6 7 8 9 10 End