beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 




==Explain==
目指せ100名山・・・かな?

その割には、何度も同じ山登ったり、マイナーな山が好きだったり・・・。
100名山になるのはいつかしら?


大朝日

新潟で、東京から来た先輩ひとり合流。

山形県の古寺温泉に向かう。
一軒宿の朝陽館に泊まって、次の日大朝日に登った。

風が強くて、吹き飛ばされそうだったが、大朝日の花の女王「ひめさゆり」が、綺麗だった!









Thursday, 16, Jul 16:37 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

桜島

久しぶりに、家の裏の高隅山に登った。

晴れすぎて遠くは霞んでいた。

桜島が爆発していた。
最近よく爆発する。
浅間山も爆発しているらしい・・・けど。
関係ないか??



Monday, 02, Feb 08:39 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

韓国岳の霧氷

ホテルの朝食をゆっくり食べて、韓国岳に向かった。

天気が悪かったら、スケートか池めぐり・・・
と思っていたが、なんと抜けるような青空!!

これは、山に登るべきでしょう・・・ということになった。



不動池の前の駐車場に車を停めると、観光客が、
「わぁ~!綺麗!!」
韓国岳を見上げて叫んでいる。

遠くから見ても綺麗だが、登っていくともっと素晴らしい。



お鉢を霧氷越しに覗くと、吹き上げる風が冷たい。

でも、この時期の霧島は、すがすがしい気がする。




遠く向こうには、高千穂の峰と、噴煙を上げる新燃岳が、浮かんでいた。






Sunday, 30, Nov 16:59 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

九重の紅葉

独歩さんから、BBSで、九重のホテルで、写真の展示をしていらっしゃるとのお知らせを頂いた。
しかし、今月は、いろいろとスケジュールが詰まっていて、無理かなぁ・・・と思っていた。

ところが数日前、パートナーが、
「土曜日は無理だけど、月曜の午前中なら、休みが取れそう」
と言い出した。
私も、午後から用事があるが、午前中なら大丈夫。
では・・・と、ホテルを調べて、急遽予約。

日曜の朝早く出発した。



牧の戸は、予想通り、たくさんの車。
でも、かろうじて停めることが出来た。

観光バスも停まっていて、続々と団体さんが登っていく。
さすが皆紅葉が始まっていることを知っているのだろう。

でも、私たちは、団体さんから離れ、扇が鼻を目指す。

独歩さんから教えてもらったとおり、見事な紅葉が俯瞰出来る。



ただ、ナベ谷がわからず、隣の肥前が城との谷を覗き込む。
こちらも紅葉しているが、なにぶんにも逆光。

後ろに久住が見える。



ついでだから・・・と、肥前が城に向かうがこの頃から、ガスが立ち込め、周りがすっかり見えなくなってしまった。

肥前が城の後、久住に登ろうか・・・とも思ったが、このガスでは・・・と、天狗ガ城に。

しかし、それでもガスは晴れない。

隣の中岳に登っている団体の若いおにいちゃんの声が良く聞こえること!!

天狗ガ城を下りたところで、その声の主と会ったが、山頂はひたすらガスの中だったとのこと。

こんなとき登ってもつまんないね・・・と、
御池のほとりで昼食。
ひたすら、ガスの晴れるのを待った。

小半時してやっと、湖が見えた時は、皆から歓声が上がった。
「もう一度登ってこようか」
誰かが冗談に言ったが、誰も反応せず、下りの準備をした。



それでも、完全に晴れたわけではなく、山も見えたり見えなかったり。

それでもまた、どこかで他の山が見えるかな・・・と、
未練がましく、星生山経由。
星生山の左端の紅葉が綺麗だったので、そこを下った。

でも、独歩さんの写真のように綺麗に見えないのは、カメラのせいか、腕のせいか。
でも、まさに今紅葉真っ盛りだった。



Monday, 20, Oct 17:45 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

イワオヌプリ

朝、目覚めると
「羊蹄山に、雪が積もっているよ~」
と共和にいる友達からメールが入った。
彼女は鹿児島、以前住んでいた北薩摩で、バトミントンをしていた仲間。

福島に帰る友達を空港まで送り、また支笏湖を通ってニセコに向かった。



アンヌプリを…のハズが、昼になってしまったのと、パートナーがまだ登ってな
いので、イワオヌプリに、目的変更。

入り口から、かすかに白い山頂が見える。
初めのうちは、散策の観光客が多いので、山装備はちょっと異質な感じだが、山
道に入るとやはり、登山客ばかりになった。



山頂に続く稜線は風が強く寒い!
ラーメン用にお湯を沸かしたら、ガスが暖かかったこと!
冬も、もうすぐの気がした。

ただ、隣のアンヌプリの方がやはり高いね~!



Tuesday, 14, Oct 22:53 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin


(9/33page)
Top 5 6 7 8 >9< 10 11 12 13 14 End