beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 




==Explain==
目指せ100名山・・・かな?

その割には、何度も同じ山登ったり、マイナーな山が好きだったり・・・。
100名山になるのはいつかしら?


志賀高原

1ヶ月ぶりに、志賀高原のリゾートマンションに出かけた。
折りしも前日長野は初雪!!

山は真っ白!
車はまだ夏タイヤなので、マンションのある湯田中温泉で、山を眺めるだけ。



先月泊まったのは、全部一続きの部屋だったが、今回は、食堂と畳の部屋に分かれていて、使い易い。

お風呂に行っては、テレビを見たり本を読んだり・・・
ごろごろして過ごした。



次の日雪が解けたので、蓮池まで登ってみた。

ロープウェーは、スキーシーズンに向けて準備中。

木々は葉を落とし、冬支度



丸池も、人影がなくひっそりとしていた。


はるか彼方に、後ろ立山の稜線が見えた。
鹿島槍から、五竜、唐松、白馬岳・・・



Thursday, 05, Nov 20:27 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

日光・白根山

群馬にいるパートナーの先輩獣医さんからのお誘いで、日光白根に登った。


紅葉を期待して出かけたのだが、登山口の辺りは、もうひとつ。

上のほうなら、丁度良いかな???

と思って登っていったら、落ち葉がいっぱい!
どうやら、先週の台風で落ちてしまったようだ。
残っているのは、カラマツの黄色だけ。



最後の登りにかかると、なんと、霧氷!!

秋の紅葉を期待していたのに、一足飛びに冬が来ていた!



ロープウェー側から登ってきた人も加わって、山頂は人がひしめき合っている。

山頂はあきらめ、写真だけ。



武尊、谷川、尾瀬の山々など、群馬の山をはじめ、
日光の山々、遠くには小さく富士山も見える。

足元には中禅寺湖、さすが大きい!

お風呂に入って帰る頃には、連休最終日の渋滞に引っかかったが、さすが地元の獣医さん!
ナビでもわからない抜け道を、すいすい抜けて、帰途に着いた。



Tuesday, 13, Oct 09:11 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

飯盛山

秋の市民ハイクで、飯盛山に行った。
夏の市民ハイク・白馬と違って、初心者対象で、コースタイム1時間の簡単な山。
山登り初めての人が沢山参加して、総勢40名

飯盛(めしもり)と言う名前のとおり、ご飯をこんもり盛ったような、まあるい山。

野辺山の別荘地の中から登る。


小さな山だが、沢山の人が登っている。
特に犬を連れた人が多く、別荘地族??
そういえば、高そうな犬ばかりで、連れている人たちもなんとなく、お上品な感じ・・・とは、我々のグループの誰かの感想。



目の前には、八ヶ岳
権現岳、旭岳、牛首岳、赤岳、横岳、硫黄岳



遠くには富士山が見えている。

10月に入って、雪が降ったようで冠雪している。



下りてきたら、高崎山岳会の方が、豚汁を作って待っていた。


Tuesday, 13, Oct 08:00 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

白山

金沢に泊まって、白山に登った。

登山口10:30出発
室堂には2時に着いた。
これでビールにしたら、富士山の時のようになってしまう!



荷物を置いて、すぐ山頂を目指す。
コースタイム通り40分で山頂。



山頂から覗くと、紺屋ヶ池が見える。

時間もたっぷりあるので、山頂を下り、池巡りコースをたどる。



紺屋ヶ池、油ヶ池、翠ヶ池、血の池、五色ヶ池、百姓池…


最後が千蛇ヶ池。
雪田になっていた!

千の蛇が悪さをするので、雪で閉じ込めているのだという。
この雪が溶けた時は、上に聳える峰、宝庫が崩れ、この池を埋め、再び千の蛇を封じ込めるのだという!
実際にこの時期になっても雪に覆われた池を前にすると、説得力がある!



Friday, 25, Sep 14:41 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

富士山

伊豆高原で、朝食をとり、富士山を目指した。

富士山の山小屋は、もうほとんど閉まっていて、開いているのは、スバルラインからのコース沿いだけだという。

スバルライン5合目、12時到着。
登山を開始した。



富士山の道は、思っていたより広い!!

下山道はキャタピラの荷揚げの車が入るから広いのはもちろんだが、登山道も2メートル近い広い道がついている。

学生服を着て登っている早稲田の応援団2人、カナダから来た若いカップル、最初は前後して抜きつ抜かれつ。
「see you later!」
なんて言っていたけど、何度も繰り返すので、そのうち笑うだけになってしまった(笑い)

それでも、いつの間にか、離れてしまって、午後3時
8合目白雲小屋に到着したときには、我々だけだった。

もっと上の小屋にすればよかったけど、予約していたので、早速ビールで乾杯!!
後から登って来た、明治のオーストラリアから来ているという留学生、出張で仙台に来てついでに富士山にのぼりに来たというチェコの方。
お酒を飲みながら、いろいろ話して楽しかった!!



次の日は朝3時頃、ほとんどの人たちがご来光を見に、山頂に登って行った。

時間だけはたっぷりの我々は、5時起床。
小屋からご来光を見た。
雲があって、今ひとつ?!



7時登山開始。

ゆっくりゆっくり、でも、休まずに登るので、結構沢山の人を追い抜いた。

8時半鳥居に着いた。

1泊したから、楽勝だったけど、日帰りはちょっときつそう!でも、出来ないこともないかな?



しかし山頂は、気象台の建物がある向かい側。

山頂に寄って、お鉢を1周して下山した。
やはり、日帰りだったら、お鉢は回らないかもね?



Saturday, 12, Sep 10:11 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin


(7/33page)
Top 3 4 5 6 >7< 8 9 10 11 12 End