beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by May/2011

モンドンゴ

スペイン語の実地研修で、今度はマサテペに出かけた。

サンマルコから、東方向7キロメートルのところに在る、地方都市。

ミクロブスが満杯で乗れなかったので、タイミングよく来た大きなオウトブスに乗る。
マサテペの入口で降りて、今度は小さな三輪車ミニモト・シクロに。



舗装をしていない道を、バンバンスピードをだし、マサテペの町から5,6キロ。
到着したのは、国の農作物試験場。

そこで専門家の方に質問。
親切に答えてくれたけど、どの程度わかったのか??

私にもわかったのは、20万戸位の農家が、牛を飼っていて、小さな農家が多いと言うことくらい。



帰りは専門家の方のトラックで、マサテペまで送ってもらった。

先生が、
「Que、suerte!」
ラッキー!という意味らしい。



マサテペに着いて、先生お勧めの、モンドンゴのお店に・・・。

中道に入って、普通の家が並ぶ道を行く。



普通の家のようなお店で、モンドンゴを注文。
70コルドバ(350円)

先生のところに来た分量を見て、我々は二人で一人分!
(帰ったらお昼が待ってる!)

モンドンゴは、牛のわき腹の筋肉を野菜と一緒に、煮込んだもの。
辛いスープと、トルティージャとご飯とピクルスが付く。
確かに美味しかったけど、ものすごい分量だった!!



Friday, 08, Apr 07:00 | Trackback(0) | Comment(0) | グルメ | Admin

スペイン語・実地研修

先生が、
「ホテルに居ただけでは、ニカラグアを知ることはできない。外に行って、ほかの人に質問をして、お友達になりなさい・・・」
と、外に出かけることにした。



まず、出会ったのは、公園で暇そうにしていた、ボーイをしているという男性。

ヒノテペで働いていて、時給200コルドバ。
54歳で、妻と子供が3人。



図書館には、絵や音楽を教えるスペースもあって、出会ったのは、そこでギターを教えている先生!

マナグアにいるそうで、ピアノの先生とは接点がありそう!

その後、図書室で、化学専攻の学生に話を聞いた。
将来何になりたいかが、うまく聞けずに苦労した。
どうやら、卒業後は、別のことも勉強したいようだった。
広げていたノートは、行列の問題だった(笑い)



Tuesday, 05, Apr 08:16 | Trackback(0) | Comment(0) | 語学 | Admin

サンマルコの市場

サンマルコでは、セントラルパルケの脇の通りに市が立つ。


朝は、八百屋さんが中心

見かけは悪いけど、温州みかんがある!!

色々なサイズのマンゴーやホコテなど・・・。

aguacate(アボガド)を購入。15コルドバ75円
日本のバーゲンくらい??



キャベツも玉葱もあるので、安心!


トルティージャを売っているおばちゃんや、豚のから揚げ(?)を売っているおばちゃんも・・・。


おなじみのナカタマルも売られていた。

こう見ると、九州の粽の仲間のような気がする。



Monday, 04, Apr 22:00 | Trackback(0) | Comment(0) | グルメ | Admin

ニカラグアの家庭料理3

毎日3食、私たちのために食事を作るのは、さぞや大変なのだろう!

前の日に、ピザが好きか聞かれ、この日の夕食はピザ。

近所のピザ屋さんから買って来たらしい。

サルサやマスタードが、小さなビニール袋に入っているのが、日本と違う。



朝ごはんも、たまには、アメリカ風

卵とチョリソーとパン。
そしてミルク



わ~!!カレー!!
と思わず声をあげたが、indio viejo

「じゃぁ、インディアンカレー」
などと、言いながら食べたが、カレーとは異なる味。

「picante」と言われたが、それほど辛くなかった。

毎日食べてもいい味!



スープの中に短いそうめん風の麺が入っている。

supa de verduras con fideos

fideosというのが、麺のことだそうで、これなら日本風に味付けしたら、食べられそう



まさにチャーハン!

アボガドに塩味がついていて美味!

パンが付くから、おかずなんだろうけど、だんだん、食生活は望みが出てきた。



Sunday, 03, Apr 02:33 | Trackback(0) | Comment(0) | グルメ | Admin

La casona

前の期で一足先に、サンマルコに滞在しているシニアが訪ねて来たので、この町で一番ファモッソというレストランに皆で、出かけた。

西部劇で出てくるような入口を入る。



地元のビールを注文!

実は毎晩裏のスーパーメルカドで買って来るのと、同じもの。

でもいつも缶なので、ビンは初めて。
25コルドバ(120円位)



コップが来ないので、こうやって飲む。

青年協力隊の男の子が、
「こうやって飲むのが夢だったんですよ~!」



でも、料理がしっかりしたものしかないので、おつまみではなく、お食事で、ビールも2本だけ。

先輩に、地元情報など教えて貰って、有意義な時間だった。



Sunday, 03, Apr 01:41 | Trackback(0) | Comment(0) | グルメ | Admin


(3/4page)
Top 1 2 >3< 4 End