beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Feb/5/2007

善光寺

小布施の後、善光寺に行こうと思ったら、ものすごい混みよう!!

駐車場に車を入れるどころではない!
次の日の朝、出かけ、お参りだけ。

長野の叔母達に、納骨の報告をして、高崎に戻った。

パートナーは、その足で鹿児島に・・・。

でも、今考えても、一人では、どうしようもなかった。

なんとか、済んで良かったぁ!!
パートナーに感謝!

次の日は、10月分の高額医療費の手続き。
登記の際の還付手続きなど・・・。

ふと、弟が、いろいろ電化製品を、昨年買っていたことを思いだし、ビックカメラにカードを持って行ったら、2万円ほど溜まっていた。ラッキー!!

鹿児島にはビックカメラはないから、思い出して良かったぁ!!



Friday, 05, Jan 17:54 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin

小布施

納骨が済み、やっと肩の荷がおり、今度は、観光で、小布施に。

子供の頃、長野の上田で過ごしたが、小布施は、行く機会がなく、今度初めて。

いろいろな本で小布施の事は読んでいたが、子供の頃は、行動力がなく、行くこ
とが出来なかったので、いつか機会があれば、是非行ってみたいとかねがね思っていた。

北斉の天井絵はいつか見てみたいと思っていた。
北斉は、83才で初めて小布施を尋ねたという。
それでも北斉は、
「80才より前の物は未熟」
と言いきっている。 と、いうことは、北斉にとって、小布施で、取り組んだ天
井絵は、富獄36景より、レベルアップしたものだったのだろう!
北斉が、もっと長生きしたら、植物100選なども、描くつもりもあったらしい!
それを引き継いだのが高井鴻山で、彼の描いた花や、妖怪は、坂本直行さんや、
水木しげるに通じているような気がした!
直行さんや、水木しげるが、北斉をパクったとまでは、言えないだろうが、北斉の才能の素晴らしさに、驚嘆する!
ちなみに、私の母は、80才!
もう何もわからない状態で、新しいことにチャレンジどころではない。
北斉の才能はもちろん、目指すものがあるとあうことは、素晴らしい!



北斉館、鴻山館と廻って、車に戻ると消防車!
でも、その前で餅搗きをしている人、餅を貰うために並んでいる人、誰も、消防
車の方は見ていない!
ホースには、水が入り、消防士や警察官が、あわただしく、行ったり来たりして
いるのに、誰も見向きもしない!
でも消防車がいると車が、通れないし・・。仕方なく
「これは訓練ですか?何時まで待ったら、この道通れるようになりますか?」
「訓練じゃあないですよ!何時までかかるか、わかりません。反対の方に出て下さい」
なんと!餅搗きをしているお店の厨房のボヤらしい。
それなのに、皆餅搗きに専念!
並んでいる人達も誰ひとり消防車の方は見ない!不思議な風景!



車で、小布施ミュージアムに向かう。
小布施ゆかりの中島千波などの作品が並ぶ。
千波は、疎開先の小布施で生まれたという。
そう言えば、長野県は、疎開によって、いろいろな文化人と縁がある。

私のピアノの先生の教え子にも、某有名シャンソン歌手がいて、私は、この人と兄弟弟子なんだ!と不遜にも思っている。彼も、疎開で上田に来ていたと聞いたものだ。



その後天井絵を見ようと岩松寺に行ったが、元旦のかきいれ時が終わったせいか
、拝観は、できず、福島正則の霊廟と蛙合戦の池を見て小布施を後にした。



Friday, 05, Jan 17:40 | Trackback(0) | Comment(0) | あれこれ | Admin


(1/1page)