beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Aug/2009

壱岐

「壱岐って、猿と鬼ばかりだねぇ」
とは、我がパートナーの言葉。

そういえば、鬼の岩屋や鬼の足跡。
壱岐には、かつて5000匹の鬼が住んでいたという鬼ヶ島伝説があるらしい。

しかし、猿の方は偶然?
男岳に祀られているのが、猿田彦のため、初めは石牛などを奉納していたのが、何時からか石猿を奉納するようになったとのこと。
そのため、道路にも「みざるいわざるきかざる」の三猿が並んでいる!

でも猿岩は自然の芸術!
車で走って突然この岩が、目に飛び込んで来た時は思わず、
「あ、猿!」
と叫んでしまった!

壱岐の観光スポットには、音声ガイドが、必ず付いていて、わかりやすかった。

はらほげ地蔵は、猿ではなく、六地蔵が赤い前掛けを付けて、海の中に佇んでいた。









Monday, 06, Jul 06:22 | Trackback(0) | Comment(2) | 観光 | Admin

壱岐

壱岐には、古墳が多い。

長崎県に四百以上ある古墳のうち67%が壱岐にあるらしい。
この鬼の岩屋は、地元の豪族の墓なのだが、長さ17メートル!
立派なものだ!

鬼繋がりで、壱岐のたこは鬼凧(おんだこ)
鬼が逃げる武士に噛みついている。
五島のバラモンとそっくりの形だが、武士の向きだけが、違っている。
五島の武士は、立ち向かった形で噛みつかれているから、五島の武士の方が勇敢?とは、五島の人の言い分。
壱岐の人なら、何と言うものか?
聞いてみたかったが、チャンスがなかった。

古墳時代より前なのか、「原の辻遺跡」の発掘復元も進んでいた。
吉野ケ里遺跡に似た環状集落。
まだ発掘中のせいか、無料だった♪










Sunday, 05, Jul 17:44 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

対馬

対馬は、起伏の多い島だ。
登ったり下ったり、そしてトンネルの多いこと!
折りしも、次の日は、「国境マラソン」というイベントがあるそうで、早めについて観光している選手が、何人もいた。
それにしても、この島でのマラソンは、きつそう!!

車で、まずは北に向かう。
神話の島対馬。
和多都美神社の鳥居は、海の中から続いている。
神社の裏には、豊玉姫の墓所もある。
近くには、玉ノ井と名付けられた井戸があり、昨日見た青木繁の「わだつみのいろこの宮」(だったかなぁ?)を思い出す。

その後、対馬野生生物保護センターへ。
対馬といえば、ツシマヤマネコ!
野生は無理でも、本物を見てみたい。
今センターにいるのは、福岡生まれ対馬育ちの「福馬」くん♪
最初は、頭しか見えなかったが、何度か覗きに行ったら、遂に全身を見せてくれた!
太いしっぽと、後ろから見て白く丸い耳が特徴。
剥製より黒く、色つやが良かった!

また、対馬は国境の町。
韓国まで、海を挟んで50キロ。
今日は天気が良すぎて霞んでしまっていたが、見える日は釜山が見えるらしい!
先端の海栗島には、自衛隊のレーダーサイトがあって、緊迫感を感じる。
今日も北朝鮮が、ミサイルを発射したとラジオで言っていたが、この対馬でも、感知したのだろう!

ただ、海が汚かった!
このところ、五島や奄美の綺麗な海ばかり見て来たせいか、この汚さには、ガッカリだった。

対馬のお殿様は宗氏10万石。
秀吉が亡くなった後、朝鮮出兵で険悪化した外交の修復に尽力したらしい。
家康の名前で、詫び状を送ったり、朝鮮からの返事を書き換え、朝鮮から先に謝ったよう装ったり、なかなかの策士!
偽せの朝鮮の印まで偽造するほどの凝り様!
先日、テレビの歴史ミステリーで、秀吉は、キリシタン迫害と朝鮮出兵を止めさせるために殺された…という番組を見たばかりなので、興味深かった!










Sunday, 05, Jul 08:31 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

志賀島

対馬に行く船が出る前、まだ時間がある。

歴史好きのパートナーの希望は、志賀島の金印の発見された場所に行きたいとのこと。

金印自体は、二人とも見たことは、ある。

金印が発見された金印公園は…私は、行ったことがある。

「えー、何時行った~!!」
「何時だったか、あなたが博多で仕事があるからって、ついて来て、別行動とったじゃない!次の日ゴルフした…」
「そういえば、筑紫カントリーでやったことあったなぁ、あの時か!」
「そうよ~、一人だったから、船で志賀島に行って、チャリを借りて行ったのよ~!!」

ところが、ナビで着いた「金印公園」は、私の記憶とは違う!

まず車を停めて、
「漢倭奴国王印発見之処」
なんて石柱は記憶にない。
???
頭の中は?でいっぱい!
階段を登って金印の碑を見て、もうパニック!
金印の刻印が碑になっている。

「ナビで入れた時、金印公園って、2つなかった?
私が、以前来たのは、ここじゃない!」

狐につままれたような気持ちで、歩き回って、「展望の広場?」に出た。
「む、ここかな?金印の形のモニュメントには見覚えがあるけど、記憶では芝生に直接建っていたような~?」

多少記憶とは違うけれど、十数年前から整備されたのかもしれない。
いかに我々の九州滞在が長かったか!かもしれない!

あ~、こんなに長く九州に住んでいたんだよねぇ!!









Saturday, 04, Jul 00:21 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

石橋美術館

リタイヤしたパートナー、奄美パークで見た田中一村のせいか、仕事がなくなって、新しいことに興味が出てきたのか?

「どこに寄りたい?」
聞かれた私が、
「石橋美術館なんてどう?」
と言うと、今までなら、
「いや~、堪忍堪忍!」
と言っていたのに、
「そうだね。有名なのがあるんだろ?」
すんなり受け入れたのには、びっくり!!

高速を久留米で下りて、石橋美術館へ。

以前来た時には、時間が限られていたせいか、もの凄く沢山の展示があった印象だった。

その後、イギリスやノルウェーなどのナショナルギャラリーに行くことが出来たせいか、今日は、時間に制約がなかったせいか、2時間かけて見たが、ちょっと物足りないくらいだった。

初めてだったパートナーは、青木繁が気に入ったようで、ムーンスター歴史資料館の後、
「近そうだから、是非行こう!」
と、青木繁の生家まで、出かけた。

もしかしたら、美術に目覚めたのかも!









Friday, 03, Jul 18:52 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin


(4/5page)
Top 1 2 3 >4< 5 End