beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Aug/20/2009

大雨がけ崩れ警報

朝、目を覚ますと外は大雨。
「五能線が止まっているってよ~」
誰かが言っている。

宴会だけで帰る予定が2名。
新潟に馬を見に行く先輩と福島の家の猫に餌をやるため帰るA子ちゃん。

A子ちゃんは五能線経由で角館まで行って、その後は新幹線グリーンを押さえたと、昨夜嬉しそうに話していたのに!

とにかく、駅に行ってみなくては…と誰かが車で東能代まで、送って行った。

「ところで我々はどうする?」
「辞めよう!!山は逃げないよ。トムラみたいになったら、それみたことかと、言われるよ」

白神岳登山は、あっさり延期!
観光に切り替えられた。

二人を送って来た運転手が、戻って来た。
A子ちゃんは、タクシーで能代に行って、1日1本しかない仙台行きのバスを捕まえるという。
新潟行きは代替の電車が出るらしいが、運転手さんが、まだタクシーで東能代に向かっているところだという(笑い)
なんでも、それに乗れば、目的のレースのひとつ前から、見られるらしい(笑い)




雨は上がったが、海岸沿いは突風が吹いている。
私達も、ふかうら文学館を見て、太宰治に思いを馳せたり、川や海が茶色に増水して流れる様子に驚きながら、北上。

「不老不死温泉」の露天風呂は、茶色の波のしぶきがふりかかり、はいれなかった!

千畳敷も、波の下に大部分が隠れ、太宰の文章の面影はない。
でも、大きな岩の名前を確認して満足した。

鰺ヶ沢の「じょじょ長屋」で昼食。
一番早かったのは、ざるそば、2番目が私の頼んだ冷やしぶっかけうどん(どんぐりの粉入り)
「きっと一番遅いよ」と、皆から、脅されていた「じょじょ長屋定食」は、思いのほか早く、天丼と一緒に出てきた。
最後がワンタンメンで、
「きっと、注文を受けて、ワンタンの皮から作り出すんだよ」とは、注文した主の推理。

ちなみに「じょじょ」とは、幼児語で、魚のこと。
関東で言えば、「おとと」という感じ?




札幌から、後輩が合流するので、岩木山の麓を通って、碇ヶ関の駅に行った。

駅にいた、旅館の送迎バスのおじちゃんが、
「今日は、かもしか全滅だぁ!」
なんのことかと思ったら、特急列車の名前。
つまり、今日は奥羽本線も、鈍行しか走らなかったらしい。
後輩は、土産に道新(北海道新聞)を買って来た。
宿に着いて、2日分の新聞を回し読み。

さすが道新!
今まで知らなかった情報満載!
「ガイドが酷すぎだよ~、ポーターみたいな能力しかないんじゃないか!」
「仕事でお客を連れて行くのに、携帯しか持ってないっていうのは、おかしいよ~!トランシーバーとか無線機を持たなくっちゃ~!?」
「某登山家が『私はヒサゴの非難小屋では、小屋の中でテントを張った』なんて言っているけど、そりゃあ、我々の学生時代は屋根だけで床がなかったから、テント張っている人もいたけど、今の小屋はまだしっかりしているから、彼は、昔のことしか知らないんじゃない?その頃は、まだトムラウシ温泉側のルートなかったよ~!」

なんといっても、昔大雪を一緒に登った仲間達ばかり!
思い出話と共に、総評論家になる!

この夜も、トムラや美瑛の話題を肴に、お酒が減っていった!




Monday, 20, Jul 12:02 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin


(1/1page)