beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Sep/10/2009

市民ハイク・白馬

高崎に引っ越してきて、初めての市報に、市民ハイクのお知らせが載っていた。

市民ハイク・白馬???
ハイクなのに白馬??白馬って、結構大変だったよねぇ??
栂池自然園??いやいや、泊まりがあるのだから、山頂まで行くでしょ~

電話をして聞いてみたら、猿倉から入って、栂池に下りるとのこと。
私は猿倉から入って、鹿島槍までの縦走しかしたことがないので、是非行きたい・・・と参加を申し込んだ。

それにしても、市民ハイクで、白馬とはさすが群馬!!



主催は、高崎山岳会。
私は山岳会・・・なんてすごいところに所属したことは一度もない!

大丈夫かなぁ??心配しながら出かけた。

18人中女性が10人
一般参加は、私と29才の男の子だけ。

リーダーは、昔谷川などで、山岳救助をしていたという方。
サブリーダーというか、お世話人は、1年300日山に登っていると自称される60くらいの方。

そういえば、群馬は谷川や尾瀬をひかえて、山岳救助隊は絶対必要なわけだ。さすがだよねぇ!!



それでも、バスの中で話を聞くと、女性達は白馬初めて・・・と言う人もいて安心した。

ペースはのんびり、のんびり・・・
むしろ物足りないくらい。

でも、これがいいんだよね。

さすが山岳会。
リーダーさんは、皆のペースを見ながら、ゆっくりゆっくり登っていく。



登り初めと最後には、それぞれ、準備運動、整理運動。

見習わないといけないことばかり。

最高齢は70代後半の女性だったが、皆無事登頂。

リーダーさん、サブリーダーさんの面倒見の良さには頭の下がる思いだった。



二日目は、朝から小雨で、ご来光は見られず。

それでも、合羽を着るような雨ではなく、白馬を後ろに見ながら、快適な尾根歩きだった。

白馬大池を過ぎる辺りから、雨脚が激しくなり、とうとう雨支度。

それでも、降られたのは、最後だけだったので、良い山行だったと言えるだろう。

私にとっては、高崎に来て初めて知り合った人たち。
これから彼らと登るのだろうね!!



Monday, 10, Aug 11:00 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin


(1/1page)