beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Sep/4/2006


アルプスから帰り、後片付けもそこそこに、老人ホームの母を尋ねた。
留守電に、老人ホームから、連絡がとりたい旨入っていたからだ。
どうせ、帰ったら行くつもりだったので、電話よりいいだろう・・と、急いで出かけた。
オヤツの時間だったので、母は起きていた。「私が食べさせますから」
介護士さんに言って、近状をお聞きした。
先々週は、まだ自分で食べるようになったものの、こぼしてばかりだったのに、今はすっかり上手になったとのこと!
「あら、じゃあ、この杏仁豆腐も、自分で食べたほうがいいかしら?」
「イヤー、このツルツルは、無理でしょう!たまには、甘えたいでしょうしね!ね?Yさん!」

母は、普段頑張っているらしい!

ご褒美に持って来たチョコレートを一かけ。
「これなんだっけ?」
「わかんない」
「おばあちゃんの好きな物だよ、チョ!」
「・・チョコレート」
「アッタリィ!」
「もう一つ食べる?」
「わかんない」
「え~!言わないとあげられないよ、食べたい?」
「わかんない・・チョコレート」
「まぁ、いいか、あと一つね」

二かけ食べた母は、満足そうに、例のごとく眠ってしまった。

介護士さんと弟の病院に連れて行く方法など少し話して、事務室にむかった。

一番の目的は、留守電に入っていた介護計画にサインすること。

しかし、ここでも、先々週、介護士長さんに言われたことの繰り返しになってしまった。
「弟さんが、いろいろ言いたいことあるみたいだったですけど、この介護計画、お姉さんのサインで、また文句でないでしょうね」
「え?先々週その話お聞きして弟には釘さして帰ったんですけど、また、何か言って来ましたか?」
「あ、いや、最近はないと思うのですが・・その前が、何回も泣きながら、あれはこうして、それはこうして・・と、ひたすら話すだけなので、士長が、ノイローゼになってしまって、困ったんですよ」
「どうも他人に任せるという事ができない性格で、ご迷惑おかけします。もう一度言い聞かせておきますが、そういう性格だと思ってお聞き流してください。
だいたいから、私にたいしても同じで、先々週は、処々の手続きをしようと思って来たのに、印鑑のつき方が気に入らないそうで、私には任せて貰えず、自分が退院してからということになったくらいですから」
「そうなんですか!じゃあ、弟さんから何か言って来たら、すぐその通りでなく、お姉さんにお聞きするなり、ワンクッション置いたほうがいいですね」
「本人、本当は自分で介護したいらしいんですけど、お医者さんから無理と言われてますので、他人にお任せすることを練習しないとならないので、よろしくお願いいたします」
あ~ぁ、また弟と話すのが憂鬱!!



Friday, 04, Aug 06:03 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


(1/1page)