beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Sep/23/2006

天使と悪魔

鹿児島にいる時、鹿屋市の図書館で、「ダ・ヴィンチ・コード」の予約を入れたら、
「20人ほど待ってますから、2,3ヶ月先になりますよ」と言われあきらめた。

高崎の図書館でも予約を入れるつもりが、弟の退院があまりに予定より早く、予約どころか、借りた本も、読み終わらずに帰ってきた。

そんなことを、千葉から遊びに来た娘にぼやいたら、
「あら、うちにあったのに!」
でも、同じ作者が、「ダ・ヴィンチ・コード」の前に書いた本を、今読んでいるから・・・。
と、“上”をおいて仕事に出て行った。
昼間読んで、面白かったこと!!
帰ってきた娘に言うと、次の日は、“中”と“下”を買ってきてくれた。

娘が戻ってから、二日間で、一気に読んでしまった!!

舞台は、イタリア。
ローマの教会や、バチカン市国を舞台に、事件はおこる。
イタリアは行ったことないけど、いつかイタリアに行ったら、舞台になっている教会を歩いてみたいと思うほど!!

セルンの科学者が殺された始まりは、なんか、難しそう!!
と思っていたが、コンクラーベの寸前にプレフェリーティ4人がいなくなり、ガリレオの謎を解かないと見つけられない・・・とは、なんと面白い設定なのか!
フリーメイソンはともかく、イルミナティなんて知らなかったけど、昔のヨーロッパには様々な秘密結社があったという。

ガリレオの頃バチカンでは英語が取り入れられてなくて、ガリレオが、英語で、イルミナティに示唆した、とか、イルミナティ・ダイアモンドなどは、作者のフィクションらしいが、でも、面白かった!

奇跡って、こんなもんなんだろうな・・とも、思った!



Wednesday, 23, Aug 07:49 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin


(1/1page)