beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Sep/29/2006

アポイ岳

天気予報で道南は、午後から天気が崩れるとのこと!

様似の民宿には、挨拶も無しに、出達することを、断って、4時起き、アポイ登山口に向かう。
4時40分登山開始。



パートナーは、初めての山で、思い入れがあったらしい。

私は、3度目、次に登る時は、是非ピンネシリを絡めたいと思っていたので、ちょっと欲求不満!

それでも、前の2回は、6月の花の季節に登っているので、今度は、秋で、別の顔を見せてくれるかもしれないとの、期待もあった!

避難小屋の前、尾根に飛び出した時は、6月の一面のお花畑が脳裏にあったのでがっかりしたが、目を凝らすと、チシマセンブリのかわいい花が咲いている。

それにしても、この避難小屋は、5,6年前はなかった。
この避難小屋を使ったら、ピンネシリピストンもできるかも!!



標高を稼ぐに連れ、サマニオトギリや、ハクサンシャジン、モイワシャジンなど・・、パートナーが、嬉しそうに、アポイマンテマを差し示す!

ネジバナも、鹿児島の我が家の庭に生えているものより、格段に鮮やか!ひょっとしたら、「アポイネジバナ」と名付けられていたりして!

最後の登りは、ちょっと険しいが、山頂は灌木に覆われ、春にはチシマザクラが咲いていた覚えがある。



山頂には7時に着いた。
下の方で鐘をつく音がする。
どうやら次の組が登ってくるようだ。



帰りは幌満お花畑に下りたが、ここのお花畑は、秋の花がほとんどない!
2、30分無駄にするより、尾根道の、健気な花を楽しんであげたほうが良かった!



Tuesday, 29, Aug 08:28 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin


(1/1page)