beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



介護
==Explain==
母がとうとう介護生活になりました。

これからいろいろ勉強しなくては・・・。


高崎夏祭り

昨日行きそびれてしまったので、母に会いに行った。

明日、弟の退院と入れ替わりで帰るつもりなので、あと来られるのも明日まで。

母は、先日介護士さんが、話していたとおり、一人でスプーンを持って食べるようになっていた。
ただ、今日はあまりお腹がすいてないのか、口の中がなかなか空にならない。
お茶やお味噌汁で流しこんでもらいたいのだが、不思議と、水分だけが、外に垂れ、固形分は、相変わらず口の中!
隣りのおばあちゃん、母と違って食べさせてもらっているのだが、やはり、なかなか、口の中が空にならない。同じように水分だけが、何故か、垂れてくる!

食べさせている介護士さんと、
「器用に水分だけが、出てくるのよね」
などと、笑いながら話す。
たぶん、家で一人で食べさせていたら、笑い話の種になるどころではないだろう。
でも、他にも、同じような人がいると思えること、他の人よりほんのちょっとでも、ましだと思えること。

穏やかな気持ちで介護するために必要な気がした。

そして、優れ物スプーンのおかげ!
普通のスプーンをちょっと曲げれば出来るので、ユリ・ゲラーに、沢山作ってもらいたい!!

帰り街中を通ったら、御輿が出ていた。
大人の御輿は、普通の何処でもあるものだったが、子供達の達磨御輿が、高崎独特!






Sunday, 06, Aug 20:50 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin

花火

弟の病院に寄って、母を訪ねる予定が、病院に思いの他、時間がかかってしまい、母の老人ホームには行かず、そのまま帰った。

弟の退院が早まり、月曜には、帰って来るというので、急遽片付け!
あと1ヶ月先と思っていたので、食料品も買いこんであるし、荷物も広げっぱなし!

いつも来るたびに、私の料理や掃除に文句ばかりの弟!
帰って来たら、必ずいつものように、怒りはじめると思うので、入れ替わりすぐ、帰ることが出来るよう仕度をしていると、外で音がする。

高崎祭りで、花火大会だった。
ベランダに出て見ると、下の方から、祭り囃子の笛の音も流れて来る。

一休みして、チューハイ片手に花火見物!

つかの間の幸せ!

現在前に新しいマンション建設中なので、来年からは、ベランダから花火見物とはいかなくなりそう。
もっとも、弟がいたら、ベランダに出ることは、許して貰えない。
以前も、高崎祭りの時来たことがあったのに、ベランダから花火が見えるとは、知らなかった。
弟の入院のおかげで、最初で最後の花火見物をさせてもらった!






Sunday, 06, Aug 20:08 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


アルプスから帰り、後片付けもそこそこに、老人ホームの母を尋ねた。
留守電に、老人ホームから、連絡がとりたい旨入っていたからだ。
どうせ、帰ったら行くつもりだったので、電話よりいいだろう・・と、急いで出かけた。
オヤツの時間だったので、母は起きていた。「私が食べさせますから」
介護士さんに言って、近状をお聞きした。
先々週は、まだ自分で食べるようになったものの、こぼしてばかりだったのに、今はすっかり上手になったとのこと!
「あら、じゃあ、この杏仁豆腐も、自分で食べたほうがいいかしら?」
「イヤー、このツルツルは、無理でしょう!たまには、甘えたいでしょうしね!ね?Yさん!」

母は、普段頑張っているらしい!

ご褒美に持って来たチョコレートを一かけ。
「これなんだっけ?」
「わかんない」
「おばあちゃんの好きな物だよ、チョ!」
「・・チョコレート」
「アッタリィ!」
「もう一つ食べる?」
「わかんない」
「え~!言わないとあげられないよ、食べたい?」
「わかんない・・チョコレート」
「まぁ、いいか、あと一つね」

二かけ食べた母は、満足そうに、例のごとく眠ってしまった。

介護士さんと弟の病院に連れて行く方法など少し話して、事務室にむかった。

一番の目的は、留守電に入っていた介護計画にサインすること。

しかし、ここでも、先々週、介護士長さんに言われたことの繰り返しになってしまった。
「弟さんが、いろいろ言いたいことあるみたいだったですけど、この介護計画、お姉さんのサインで、また文句でないでしょうね」
「え?先々週その話お聞きして弟には釘さして帰ったんですけど、また、何か言って来ましたか?」
「あ、いや、最近はないと思うのですが・・その前が、何回も泣きながら、あれはこうして、それはこうして・・と、ひたすら話すだけなので、士長が、ノイローゼになってしまって、困ったんですよ」
「どうも他人に任せるという事ができない性格で、ご迷惑おかけします。もう一度言い聞かせておきますが、そういう性格だと思ってお聞き流してください。
だいたいから、私にたいしても同じで、先々週は、処々の手続きをしようと思って来たのに、印鑑のつき方が気に入らないそうで、私には任せて貰えず、自分が退院してからということになったくらいですから」
「そうなんですか!じゃあ、弟さんから何か言って来たら、すぐその通りでなく、お姉さんにお聞きするなり、ワンクッション置いたほうがいいですね」
「本人、本当は自分で介護したいらしいんですけど、お医者さんから無理と言われてますので、他人にお任せすることを練習しないとならないので、よろしくお願いいたします」
あ~ぁ、また弟と話すのが憂鬱!!



Friday, 04, Aug 06:03 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


弟には、行くなと言われたが、雨も小雨なので、今日がチャンス!と思って老人ホームに出かけた。

いつものように、お昼ご飯時を狙って行く!ご飯時以外は、寝てばかりなのと、「飲み込まない」と電話で聞いていたので、また私が食べさせてみよう・・と思ったのだ。

老人ホームに着き、階段を登って行くと、階段の上で食事中のおばあちゃん、車椅子を動かして欲しい・・と言う。
隣りの人とくっついているのが嫌なんだそうだ。

おばあちゃんなりに、いろいろ考えるんだなぁと、おかしくなった。

母の病棟のホールに行くと、食事中のおばあちゃん達の中に母の姿が見えない!

介護士さんに、お聞きすると、見回して、
「病室かも・・」
ひょっとして、何かあったのかもと思ったが介護士さんの様子からそんなことはなさそう・・と胸をなでおろす。

病室を覗いてびっくり!
母のベッドの脇、見慣れないおばあちゃんが二人の介護士さんに見守られながら、黙々とスプーンでお粥を口に運んでいる!

どうやら母のようらしい。
「あら、おばあちゃん!すっかりスマートになっちゃって!」
介護士さんへの挨拶より前に声が出てしまった!

顔が違って見えたのは入れ歯をしてなかったから。
以前連絡があったように、食べ物を食べない、飲み込まない時期が続いたせいか、すっかりスリムになって、見違えるほど!

弟が見たら、文句を言いかねないところだろうが、私としては、以前があまりに太り過ぎと思うので、介護士さんがすまなさそうに言いかけた言葉をさえぎった。
介護士さんはほっとしたように、皆でいろいろ工夫を重ね毎食ではないものの、なんとか食べるようになったと話してくれた。
入院を覚悟して来た私としては感謝で一杯!
そう言うと
「弟さんもそう思って下さるといいんですけど・・」
え!何かあったの?
聞き返すと、
「多分弟さんは、ずっと見ていないから、今も以前と同じだと思っているからなのでしょうけど・・」
言葉を濁しながら、
「どうも弟さんは、ここに入れることも反対だったようで・・、あまりご不満が多いようでしたら、退所していただいたほうがいいかもしれません」

また例のごとく、自分の思うよう、やって欲しいと注文をつけたのだろうか?

「弟には、よく言っておきますので、よろしくお願いします」
とは言ってきたものの、弟が話を聞くかどうか!
また、頭の痛い課題が増えた!!
母の方は、案の定途中で自分で食べるのはやめてしまったが、私が食べさせて完食!
まずは一息!






Sunday, 16, Jul 18:36 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


山行が中止になったので、前もって弟に連絡していた日より早いが、高崎に行った。

東京から離れるにしたがい、空は曇り空になってくる。

それでも高崎駅には、登山客がいる。
これから行くのか、帰りなのか。
来週も、東北はまだ、梅雨だろうから、長野か、群馬の山にしてもいいかな・・などと、考えながらマンションに向かい、パジャマがわりに弟のTシャツや短パン、たまった郵便物を持って病院に行った。

久しぶりに会った弟は、他のベッドに行って話しこんでいて、元気そのもの。

元気になったのは、いいのだが、今までの、自分の思いどおりでないと気がすまない悪い性格も復活!

株の配当は、私が適当に印鑑をついてもらって来る・・と言うと、印鑑は自分でつく・・取りに帰って来い・・と聞かない!

また、明日は母のところに様子を見に行って来る・・と言うと、自分が老人ホームに電話したら、入院の話なんか出なかったし、今度ホームの人が母を病院に連れて来てくれるそうだから、行かなくて良い・・と言う。

雨が降りそうで早く帰るつもりが、なんだかんだ言われずいぶん時間がかかり、結局楽しみにしていた図書館は閉館、雷に追われながら帰途を急ぐことになってしまった。

かろうじてびしょぬれはまのがれたもの、マンション手前数メートルで本降り!

久しぶりに群馬名物雷にドキドキ!
もう弟は、心配なさそうなので、母の方だけ考えよう!



Saturday, 15, Jul 15:35 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


(9/14page)
Top 5 6 7 8 >9< 10 11 12 13 14 End