beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



鹿児島ア・ラ・カルト
==Explain==
鹿児島のいろいろなお話

定年後

定年後は、シニアボランティアに・・・という計画だった。

それが、霧島市の会社からお誘いがあり、4,5年勤めて、スキルアップの準備を・・・と思っていたら、経営を代わって欲しいということになった。

先月社長宅にお伺いして、しばらく一緒に働き様子を見て・・・ということで、話が決まったと思っていた。

ところが、私が上海に行っているときに、また話が変わったらしい。
1ヶ月のランニングコスト1000万円用意して、引き継いでからも現社長に毎月50万払って欲しいとのこと。

今回、獣医師会の懇親会で、霧島に行ったついでに、また社長宅に寄って、詳しく話をお聞きした。

現在ある現金すべて引き上げるので、ゼロスタートで始めてほしいとの事。
いわば会長給与とでも言う名目なのか、現社長に毎月50万の給与が欲しいとのこと。

現在、社長給与が80万円だそうで、さらに仲介にたってくれている友達の息子も雇ってくれるよう頼まれているので、
現社長に50万、息子さんに30万払ったら、我が家の収入はなくなる・・・??

すると、今現在、毎月利益が50万出ていて貯金しているとのこと。
そのお金を現社長に回せばそれで済むとのこと。
ただ、それまで貯まっている現金3000万円ほどは引き上げてしまうので、それは引き継ぐ我々が努力して、同じように利益を出すよう努力しないとならないらしい。

現在パートナーの勤務している養鶏会社の廃鶏を仕入れ、鳥刺しなどに加工している会社だ。
100円の鳥刺しパックなどが手頃で、パートナーは、私が留守のときなど、よく買ってきていたらしい。
しかし、最近は他のメーカーも同じようなパックを作っていて、なかなか厳しそうだ。
年商1億とのことだが、毎月50万円、1年600万円・・・払い続けなくてはならない・・というのは厳しいものがある。

「10年は続けて欲しい」とのことだから、6000万円期待しているのだろうか?
現在20周年とのことで、
「以前はもっと儲かった」
と豪語するのに、現金が3000万円しかないということは、毎月50万円貯金しても、時には設備投資などで、取り崩しているものと思われる。

健康に自信がなくなった・・・とのことで、てっきり、会社を閉めると従業員たちが困るだろうから、続けて欲しい・・・のか。
と思っていたが、結局はお金の問題だったのかも!?

「以前はもっと回してもらえたのが、最近は1ヶ月4000羽しか回してもらえない」
などともぼやいていた。
多分、我が家に美味しい話を聞かせて、もっと廃鶏をまわしてもらうのが目的だったのか??
いま、寒い冬に向かって、廃鶏も減ってるし、競争会社が増え、むしろこの会社にはもう、あまり回らなくなる方向にあるらしい。
我が家が継ぐとしたら、それは困るので、頼み込んでいたところだ。

「もし、鶏インフルエンザなどが発生したり、利益の出ないときがあったら、それはご相談に乗っていただけるのですか?」
聞くと、
「それは保険に入っているから大丈夫」
軽く話をそらされたが、食品はどんなことがあるかわからない。

パートナーと二人、家に帰ってからいろいろ相談して、やはり 断わることに決めた。
後で、後悔することになるかもしれない・・・。
事業をするというのは、ある意味ロマンがある。
でも、毎月50万円の紐がぶら下がっているのは、やはりしんどい!!

「この1年で、なんとか英語をものにするぞ」
パートナーは、そう言って、仕事に出かけた。
頑張れ~!!



Monday, 01, Dec 07:35 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin

霧島

曽於獣医師会の慰安会で、霧島に来た。
鹿児島の獣医師会には、ウチの大学の出身者は、4名とパートナーは、言う。
そりゃ、そうよねぇ!北海道から、鹿児島には、何か事情がなきゃ就職しないわさぁ!
パートナーの先輩の2名と、私の同期の男の子。
彼らは、出身が鹿児島らしい。



同期の男の子は、学生時代から、私を知っていると、言ってくれるが、残念ながら、私には記憶がない!
それでも、今日初めてお会いした先輩でも、楡陰寮と言うフレーズから、私のブラバンの先輩の話に繋がり、ちょっとした同窓会に発展!

今日来ていない方、ご本人こそ、存じ上げないものの、奥さんは、バトミントン仲間だし、鹿児島の獣医師界のせまいこと!



今年の獣医師会の忘年会も、検査所の獣医さんが、多いので、鳥インフルエンザを警戒のターゲットとすることなかったが、我が家の関心は、とにかく鳥インフルエンザの感染が、ないこと!
無事冬を、乗り越えられますように!



Sunday, 30, Nov 00:33 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin

上海

大隈半島の活性化を図るため、この10数年、大隈半島の市町村が助成金を出し、ツアーを募っている。

私が始めて参加したのは、まだ最初の頃なので、もう10年あまり前か・・・。
しかし、今年ふと思いついて、応募に応じてみた。
もしかしたら、一度参加した人はお断りします・・・と言われることを予想していたのだが、なんと、蓋を開けてみたら、募集人員に見たなかったとのことで、希望者全員行けることになった。

特に安いわけではないが、地元の人だけだから、ひょっとしたら誰か知っている人がいるかもしれないし、お友達も出来るかも・・・という気分で、参加した。

船の旅行は結構楽しい。
前回は同室の人とマージャンをしようということになって、ほとんどマージャンで過ごした。
面子が一人足りなかったこともあって、若い鹿児島の男の子と、大阪から中国に帰る男の子と入れ替わりで、とても楽しかった。

今回は、マージャンをする人がいなかったので、トランプと、卓球・・・。
そして、夜は、大阪在住の韓国人という宝石商の方と話し込み、大阪から上海でフラワー教室を持っているという女性などともお話したのが、印象的だった。



船を下りてバスにて一路蘇州に。

最後に中国に来たのは、4,5年前の北京だったか?
自転車の数が減り、車が増えていること!!

万博に備え、あちこちで工事が行われている。
オリンピック前の北京を思い出す。



今頃の上海は、湿気が多いのか空がかすみ、視界が良くない。
遠くに高層建造物が並ぶ。



高速道路が整備され、車の移動はずいぶん楽になった。

途中には、「道の駅」とまではいかないものの、似たようなスペースが出来ていて、快適!
トイレも、すべて無料になっていたのが、一番楽だった。






Wednesday, 29, Oct 18:11 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin

定年後

定年を来年に控えた我がパートナー

「定年後は、獣医のライセンスを生かして、海外シニアボランティアを、目指そうよ」
「あわよくば、私も数学の先生はたくさんいるだろうから、理科の先生で応募しようかな」
などと話して、英語の勉強に励んでいた。

しかし、このところ、ある小さな会社から、2次就職の話が舞い込んで、
「どうせ英語もすぐには上達しないだろうし、それもいいかな」
などと、話していた。

ところが、先月になって、話が急変。
運転資金を出資して、会社を引き継いでくれないか・・・と、話が変わってきた。

「え~!?運転資金?出資じゃないの?」
「運転資金だったら、なぜ銀行から借りないの?」

東京で、娘や息子に話したら、
「それって、やばくない?」
「急に話が変わったって言うのは、なにかあったんだよ」
猛反対だった。

私も、私の頭越しに話が進んでいくことに不安も持っていた。
今から、本腰を入れて働くなら、夫婦二人で力をあわせてやってみたいし・・・。

そんなわけで、現在の経営者のお宅に話を聞きに行った。

お互い、思ったことをはっきり言って、事情を聞いた。

どうやら、社長さんが、病気で、入院して以来、健康に自信がなくなったそうだ。
専務をしている奥さんは、てきぱきした人で、いろいろお話をした。

結局、内情がわかるまでは、お手伝いで、2,3ヶ月。
その後、株式の譲渡なり、経営権を譲ってもらうなりする・・・ということで、話が落ち着きそうだ。

奥さんとお友達になって、いろいろ教えて頂いたり出来たら、それもいいかな・・・という気がして来た。



Saturday, 04, Oct 15:14 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin

ひき逃げ

私にとっては、今年初の台風が来ると言うので、ちょっとわくわく目が覚めた。
準備は昨日のうちにしてあるし、今日は家でのんびり・・・

と、思っていたら、なんと!!
朝から晴れ!!
たまっていた洗濯物の始末に追われた。

終わって、やっと一息していたら・・・
ピンポン~♪
なんと、おまわりさん。

「実はこの間のひき逃げについて、お聞きしてます」
「え~!ひき逃げ??」
「土曜日なんですけど、気づきませんでしたか?」
そういえば・・・、
金曜に東京から戻って、パートナーはいつもどおり、7時15分頃家を出、私も8時までに行く用事があって、7時45分頃家を出た。
ところが、家から出たばかりの交差点で、警察の車がたくさん停まっていて、迂回させられた。
「何だろう??まさか、我が家のパートナーが事故ったんじゃないだろうね。いくらなんでもこんな近くなら連絡があったはずだよね」
など思いながら、友達に
「ちょっと心配なんだよね」
などと話していた。

お昼過ぎ、私が家に帰った時、まだ警察が後始末をしていて、道路が通れなかった。
それでも、留守電にも何も入ってないので、すっかり忘れていた。

それがそのひき逃げだったわけだ。

あらためて新聞を見てみたら、日曜の新聞に出ていた。
被害者は82歳の町内のおばあさん。
おまわりさんの話では、白っぽい車・・・としかわからないと言う。
私は白で、パートナーも薄い緑。
ヤバーイ、条件ぴったり!
私の車を点検して、
「ご主人の車もまた見せて貰いに来ます」



Wednesday, 01, Oct 12:41 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin


(3/15page)
Top 1 2 >3< 4 5 6 7 8 9 10 End