beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Nov/2007

南蔵王縦走

南蔵王を縦走した。

泊まったペンション、ウッドドチャックのご主人に刈田峠に車で送ってもらって、登山開始!



最初は下るが、ちょっと登って、前山。

今年は、9月が暑かったので、紅葉が大分遅れているとのこと。

それでも、登るに従い木々の紅葉が鮮やかになってくる。



杉ヶ峰、芝草平、屏風岳…
南屏風岳で、お昼。
料理自慢の、Hクマさんは、ニンニクとオリーブオイルを使った鯛のムニエル!

某水産会社勤務Aくん提供、鮑の酒蒸し、ホタテとアサリのチャウダー。

お酒が主食のTさんが、何をおいてもと大事に持ち上げた赤ワイン!

山の上とは、思えない豪華メニューに舌つづみをうつ!

食事に1時間を費やし、不忘山に。

この辺りの紅葉が最高だった!

そしてあとは、白石スキー場に向けて、下りるのみ!



そこまでは、標準のコースタイムで来たのに、下りになると遅くなるのは、年のせいか?
年々、下りがきつくなってきている気がする。

ウッドチャックのご主人と約束した3時半に間に合わないか…と諦めかけたころ、やっとスキー場が見えて来た!

宿の車が見え、ご主人が手を振っている!

それに元気づけられ、着いたときは、すでに、3時半!

ご主人の用意してくれたお絞りで汗を拭い、おいしい梨でのどの渇きを癒やし、帰途についた。



Monday, 08, Oct 06:10 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

ハリーポッター

ハリーが甦った時、森の中では、ヴォルデモーツもダメージを受け、皆が心配してる時だった!

しかしやがてヴォルデモーツの無事がわかり、ホグワーツへの凱旋となる。

ハリーの遺体(?)を抱えるのは、ハグリッド!

そういえば、ハグリッドが何故ヴォルデモーツと一緒にいるのか不思議だったが、脅されてのことだったようだ。

しかしハグリッドだったから、他の人々に、ハリーが、生きていることは気づかれずに、すんだ。

ホグワーツに着くと、ヴォルデモーツは
「戦いは、我々の勝ちだ!お前たちのヒーロー、ハリーポッターは死んだ。城から出て我々にひざまずけ!これからは我々の仲間になって新しい世界を作ろう!」

「ノー!」
と、叫んだのは、マクゴガナル先生!

ネビルもヴォルデモーツに単身闘いを挑んでくるし、全面的な戦いの火蓋が切って落とされた!

戦いをしばらく見守っていたハリーだが、ついに、透明マントを脱ぎ捨て、ヴォルデモーツに戦いを挑んだ!

そして、ついに…!!

さらに19年後。

ハリー達の、子供がホグワーツに入学!
ハリーの息子の名前に、つい涙する私だった!




Sunday, 07, Oct 21:10 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

不動の滝

蔵王に来た。

早くついたので、不動の滝を見に行った。

昔昔、カニとウナギが棲み分けを争って、不動の滝で、壮絶な戦いをしたという。

カニがハサミで、ウナギを3つに切って、勝利を収めた。

切られたウナギの頭は青根温泉に、胴体は峨々温泉に、しっぽは遠刈田温泉に流れついた。

そこで、遠刈田温泉は足腰に効き、峨々温泉は胃腸に効くという。

1日目は遠刈田温泉に入った。

2日目の今日は南蔵王縦走をして、青根温泉に来た。
頭が流れついた青根温泉は、何に効くのかしら?
顔に効くといいな!美人になりたいな!



Sunday, 07, Oct 18:01 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

ハリーポッター

スネイプは亡くなってしまったが、ペンシーヴで、スネイプの秘密を知ったハリー!

何をする気にもならない虚脱感!
想像出来るね。
だって、自分のために、皆が命をなくしているんだから!
ハリーが7番目のホークラックスだったわけだ!

もっとも、これは、今までの流れで、うすうすわかっていたけどね。

スネイプの秘密も、やっぱりね~!!
だったしねぇ~!

それで、ハリーがそれからどうするのか!?

ヴォルデモーツを捜しに、森に行き、ヴォルデモーツに真っ向から、立ち向かったのには、びっくりさせられた!
ハリーって男だね~!!

え~!でも、なにか考えがあるの~?
と、はらはら読んでいたが、とうやら、ハリーは自分から死ぬ気だったようだ。

しかしヴォルデモーツの前に名乗りを挙げた途端、グリーンの閃光が~…!!

え~!
ハリーは、とうとう死んでしまったのね!

どうやら、仏教で言えば、三途の川のほとりだろうか?
ハリーが、キングなんとか駅(うろ覚えで忘れちゃった!)みたいと、言ったところから、ダンブルドアは、「キングスクロス」と言ったけど、まさに私は三途の川のほとりだったから、ダンブルドアに会えたのだろうと思う。

ペンシーヴでは、いまいちよくわからなかったすべての真相がダンブルドアの話で、明らかになった!

それにしても、魂がいくつにも、分割出来たり、復活にハリーの血を使うことで、ハリーの母リリーの「守りの呪文」を取り込んでしまったこと!
マグルの私には理解し難い話の連続!

まあ、ハリーの中にヴォルデモーツの一部があって、ハリーが生きることが、ヴォルデモーツが生きることだったこと!
しかしハリーが杖を変えた事など、偶然が重なって、ハリーの中のヴォルデモーツの魂だけが破壊されたこと!

また死の秘宝の真の持ち主は、死から逃げようと思わない者、ハリーだ!
ヴォルデモーツはそれを知らなかったこと!

などなどダンブルドアの話は、「もっと早く話せよー」
と思うことばかり!
もっともダンブルドアにとっては、ハリーに話すと、ヴォルデモーツに、筒抜けになるという心配からだったらしいが。
それでもともかく、ハリーは死んではいなかった!
何はともあれ、フーッ♪



Friday, 05, Oct 21:31 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

ハリーポッター

ホォグワーツでハリー達を待っていたのは、DAのメンバー達。
最初は、自分達だけでホークラックスを見つけるつもりだったハリーだった。

しかし皆に話してみるもの!
どうやらレィブンクローの金冠らしいことがわかった。
しかしその金冠は何世紀も前になくなっている。

せめて形だけでも知りたいとレィブンクローの像を見に行ったところで、デスイーターの新しい先生キャロウ姉弟に見つかってしまった。
マクゴガナル先生に助けられたものの、さらにスネイプ校長との争いになり、とうとうホグワーツは、籠城状態。

フェニックスの騎士団はもちろんウィーズリー一家からネビルのおばあちゃんまで駆けつけ、今までの登場人物総動員!

呪文の光線の飛び交う中、ハリーは、なんとか金冠発見。

しかしデスイーターがホグワーツに入り込んできて、戦いは、ますます盛んになり、クラブが死に、フレッドもやられた!

ヴォルデモーツを捜さなくては…。
ハリーはヴォルデモーツのいる小部屋に忍び込んだ。

おりしもスネイプ校長が呼びつけられていた。

エルダーワンドは、持ち主を殺した者が、次の真の持ち主になれるという。

したがって、ダンブルドアを殺したスネイプをヴォルデモーツは殺さないと、エルダーワンドの持ち主にはなれない…!
ヴォルデモーツが出て行った後、ハリーはスネイプに駆け寄った。

スネイプの秘密がわかるのだろうか?



Tuesday, 02, Oct 10:08 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin


(4/4page)
Top 1 2 3 >4<