beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Jun/4/2008

開聞岳

登山口に着いたのが、10時半。

「これから登る人なんて、いないんじゃないの?」

そんなことを話しながら、駐車場に行くと、ものすごい数の車!

あとからあとから、登山客が来る。

子どもたちが多く、親を置いて、子どもたちだけで登っていたりする。
そんな男の子3人組みと、相前後しながら登る。



時間が遅いので、はや降りて来る人も多い。
途中、年配者の団体が降りて来た。
東京から、連休を利用して九州本土の、百名山5座を登ったそうだ。
「連休だと、ツアー料金も高そうですねぇ」
「は~い。札束撒き散らしながら、登って来ました(笑い)」

2年前だったか、東京から、先輩が、やはり九州百名山登りに来て、私達と霧島、開聞岳登って、さらに宮の浦まで登って帰ったが、皆、同じように考えるんだろうね!

それにしても、いつも開聞岳は、疲れる!

今度も、くたくたで山頂に着いた!



山頂は満員で、少し下に降り、サンドイッチとラーメンのお昼。
吹き上げる風が心地よい!
池田湖の先に、高隈と桜島が浮かんでいる。

下りは行列で、登りより時間がかかって2時間以上かけて降りた。

それでもまだ登って来る人が、沢山いるのには、ビックリ!
百名山狙いのような団体は、我々の行列に、イライラ。

きっと、開聞岳に登って、指宿泊まりなのだろう。

百名山ブームで、鹿児島も、潤う!



Sunday, 04, May 18:17 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

なんきゅうフェリー

東京から帰って、天気もはっきりしないので、連日家でくすぶっていた。

それでも日曜に、加世田の宿が取れ、開聞岳にでも、登ろうということに、なった。

大根占から、指宿まで、なんきゅうフェリーで渡る。

一時根占から山川のフェリーが、なくなった時出来た、私にとっては、初めてのフェリー。



小さな船で、バックで乗せないとならない。

乗り場には、結構たくさん車が待っている。

私たちは予約してきたから、乗れるとは思うが、予約してない車は、根占に走った方が、いいんじゃない?

そんなこと思っていると、船員さん、ギリギリに誘導して、8台のはずが、12台乗せた!
それでも乗れなかった車があったようだ。

前後の車との隙間が、10センチもないので、足も通らない!



客室というか、デッキも満員で、ずっと立ち通し、吊革が欲しいくらいだった!

天気が良いので、開聞岳がだんだん近づいてくるのも楽しい。
子どもたちは、海の中のクラゲや飛び魚に歓声を上げていた!



Sunday, 04, May 16:29 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin


(1/1page)