beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Apr/12/2010

iNPH

ベトナムに出かける前の日、TVの番組で、「治る認知症」というものがあった。
多分、治る可能性があるなら、水頭症だろうね・・・
と思って見ていた。

案の定、水頭症。
それも突発性の物で、通称iNPHというらしい。
うちの母は、弟が亡くなる前、病院に連れて行った時、担当の先生に「私は水頭症を疑いますね」と言われた経緯がある。
その時は、私の知識不足で、開頭手術が必要と思って断ってしまった。

しかし、その後の母の病状の進み方の速さにびっくりしていた。
TVの報道によると、脊椎から隋液を抜く簡単な方法があるとのこと。
診断を受けてから、もう5年もたってしまったが、もし少しでも母が楽になれるなら、今からでも・・・。
と、思って、ベトナムから帰って早々に老人ホームに行って保険証を借り、病院に行って来た。

先生は、5年前のCTを見て、
「そうですね、水頭症の疑いがありますね。もう、これだけ時間がたっているのだから、無理かもしれませんが・・・」
と、言いながらも、今のCTを撮ってみましょう・・・ということになった。

来週の予約をしてきた。
どうか、iNPHということになって、手術ができますように!!



Friday, 12, Mar 17:18 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin

ベトナム旅行

ベトナムから帰って来た。
今回の旅行は、私たち以外は、帯広から来たという年配のご婦人の二人組と4人だけ。
いろいろ旅行してみて、二人だけもちょっと淋しいし、かといって数十人の団体も疲れる。
ちょうど良い感じだった。

最初に訪れたのはホーチミン市。
フランス領の名残の建物が残る綺麗な都市。
しかしなんといってもわれわれが思い出すのは、ベトナム戦争。
ベトナム戦争の記録を残す記念館や、戦争終結の場所となった大統領邸などを訪れた。



次に訪れたのは、ホイアン。

ガイドが可愛らしい現地の女性になったせいか、印象に残った。

プルメリアの花がそこここに咲いている。
プルメリアの花をチャンパと呼ぶそうで、チャンパ王国の名前から由来するらしい。

チャンパ王国を継ぐチャン族の遺跡ミーソンでは、チャン族の長老の笛の音に耳を傾け、踊りを鑑賞!!



ミーソン遺跡は、インドネシアのブラナバンを小さくしたような遺跡が並ぶ。
ただ、草が生えて荒れた感じ!!
ここも世界遺産に登録されたそうで、ユネスコの補助で修復されたら、素晴らしいものになることだろう!!



ホイアンの街は、こじんまりとしているが、昔の面影を残す可愛らしい街。

昔は日本人が多かったそうで、日本人の作った日本橋が残り、日本の面影もそこはかとなく残っている。
日本が鎖国しても、きっと何人か残った人もいるのだろう。



フエは、ベトナム最後のグエン王朝の栄えたところ。

グエン王朝の遺跡を見て、何人かの王様の廟を見学。

2代目のミンマン帝が、偉大な王様だったという話。
4代のトゥードゥック帝は、子供ができず5代目からは甥の中の優秀なものになったとのこと。
最後に近い12代目カイディン帝からは、傀儡政権。
13代目はフランスに亡命してしまったということだった。

最後は首都ハノイに、移動して、ハロン湾やホーチミン廟を見て、ベトナム旅行は終わった。

これで、海外旅行は、とりあえず終了!!
楽しかったけど、これからは、高崎の生活を充実させなくては。



Friday, 12, Mar 16:43 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin


(1/1page)