beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Apr/9/2009

30周年記念大会

鹿屋市のバトミントン協会が発足して30年。

今年度最後の試合、いつもは春季親睦会なのだが、今年は、「鹿屋バトミントン協会30周年記念大会」と名づけて行われた。

スポンサーにバトミントンの大好きな院長先生のいる病院がついてくれたこと、協会の今までの貯金をはたいて、記念品としてシューズ入れを作って参加賞とすることなど・・・事前の口コミで広がって、参加者多数!!

でも協会の準備できる参加賞に限りがあり、300名、150組で打ち切りとなった。



それでも、300名とは、普段の2倍近い!!
最初の基礎打ちの時から、あまりの人数にびっくり!!

8時半集合の9時前、出来るだけ早く始める・・・との事だったが、タイムテーブルでは終わりが夕方6時。

私たち役員の忙しいこと!!

私の仕事は、参加費1組2000円と、引き換えに参加賞を渡すことに、四苦八苦。
おまけに2重に払った人がいて、その確認に追われて、開会式の間も名簿とにらめっこ。



私も鹿屋市に住んだ記念がほしいと思っていた矢先。
長く試合には出ていなかったけど、今回は同じ役員の友達と参加。

でも、失敗は、参加名簿の1番にしてしまったこと。
友達と、開会式の間中、名簿と参加賞の数の確認をしていたら、なんと!コールされてしまった!

まだシューズも履いてない!
短パンに着替えてもない!
二人であたふたと、コートに飛び込む。

基礎打ちどころか、やっと靴の紐を結んだところで、試合が始まってしまった。

結果はさんざん!
20-21で、負けてしまった。

今回は、試合数が多いので、21点1セット。セッティングなし。
おまけに三角のブロックで1位のみのトーナメント上がり。

唯一勝てそうな試合を落としてしまった。

2試合目は優勝候補の子達だったので、もちろん敗退!残念



それでも、参加賞のシューズ入れ。
赤と黒を友達と分け合った。

トーナメントに入る頃に、タイムテーブルより進みだして、やっと安心。

抽選を始めた。
靴下100足あまり、グリップテープの大巻き10本
各自、貼り出した番号を見て取りに来てもらう。



そうしてなんとか、タイムテーブルより1時間早く5時に試合終了。

表彰式の後、さらに大物賞品の抽選会。
靴下とスポーツタオルや、Tシャツ。
ガット張り券付きのガットや、ラケットケース3本、ラケット3本など。

多分二人に一人が何かしら当たったと思うのに、私と友達は何も当たらなかった。

ただ、役員の誰かが、
「結構Dクラスの人が当たっていたから、良かった」
と言っていた。
ほんと!今回は、スポンサーの病院長の希望で、Dクラスまで作ったので、いつもなら参加できない人まで参加できて、なおかつ良い賞品の当たった人は、きっと気をよくしてバトミントンに励むことだろう。
大成功の試合だった



Monday, 09, Mar 12:45 | Trackback(0) | Comment(0) | バトミントン | Admin


(1/1page)