beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Oct/5/2006

PPK

北海道で、学生時代の友達から、つい最近の知り合いまで、いろいろな人と話をしてきた。

このところ、我が家の悩み、定年退職後はどうしよう?
母の老人ホーム入所など、このところ一連の騒動で、いかに自分たちも老いていくのか・・・

どちらも相通じるところがあるような気がする。

鹿屋市にある、体育大の先生の唱える、「PPK運動」というのがある。

最後に美深で会った、元塾長は、しきりにこの「PPK」を、主張していた。

確かに、北海道から戻って、いろいろな人の話を思い返し、お礼のメールなどから、考えてみると、「PPK」が、やはり理想なのだろうなぁ・・・と、思い返している。

PPKとは、ピンピンコロリの頭文字
ピンピン働き、ピンピン運動していれば、いつかコロリと死ねるということ。

そういえば、山登りの好きだった父は、近所の低い山に登った日の夜、発作で亡くなった。
歩くのが嫌いな母は、体こそ何処も悪くないが、すっかり認知症で、何も分からない状態で、まだまだ数年は長生きしそう!!

どのように生きていくかの回答はまだ出ていないが、せめて、ピンピン生きたいものだ!



Tuesday, 05, Sep 17:23 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin


(1/1page)