beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



黒斑山

朝起きたら、外は雪。
昨日は、雪のゆの字もなかった軽井沢が、雪で埋もれている!
予定では、7時出発だったが、雪も強く降ったいるし、テレビでは、オリンピックのパシュートの決勝が、7時20分からあるという。

結局、パシュートの結果を見て、8時出発。
雪が絶え間なく降り続いている。
「昨日、雪がない雪がない…と言い過ぎたせいで、こんなに降ったんじゃないの?」
昨日乾いていた車坂は雪の下が凍っているようで、止まっている車も何台かある。
我々の車も危うかったが、なんとか昨日のビジターセンター到着。
相変わらず雪は降り続いているが、すでに一組、スノーシューを持った人がいた。
我々が、準備を始めると、さらに続々と登山客が到着。

それでも、9時に出発した我々が一番だったらしく、踏み跡がない。
昨日下見をしておいたのだが、新雪で隠れていて分からない。

仕方なく、中コースを登る予定を急遽変更。
印の見えている表コースを登る。
しかし表コースはアップダウンで、コブを越えていくので、なかなか大変!
アイスバーンになった急坂で、私が手こずっていると、後ろから来たパーティーに軽く抜かれた。
足元を見ると、スノーシューではなく、アイゼンを付けている。

「私達もアイゼンにしようよ!?」
提案するが、先頭を行く先輩は、
「ここを越えたら、後は、歩き易くなると、思うよ」
取り合わない。




槍ヶ梢にたどり着いた頃、雪もやみ、前の急騰を登って行く前のパーティーが見えた。
「あの坂、登るのはともかく、下りられないかも!私達ここの避難小屋で、待っているから、先輩、一人で山頂ピストンして来て下さい」

「いやいや、これを降りたら、中コースに合流するはずで、中コースの方が、楽なはずだから、とにかく中コースの合流点まで行きましょう

納得して下る。
そして合流点まで来ると、
「この登りが一番きつい坂で、これを登ったら、トーミの頭だから、そこまで頑張りましょう」

トーミの頭まで行くと、その先は、勾配が緩くなり、「黒斑山山頂へ」という標識が現れた。
それを見たら、元気が出た。
そこから20分ほどで、山頂到着!



結局コースタイム2時間のはずが、3時間もかかってしまった。

先輩に騙され騙されながら、なんとか山頂にまで、登れたわけだ。疲れたけど、良かった!

山頂には、いろいろなコースから、沢山の人が登って来ていた。
アイゼンの人、ワカンの人、スノーシューの人…
ふと思いついて、先輩に、
「Hさん、もしかして、アイゼン持って来なかったんですか!?」
「うん、持って来なかった、スノーシューに来るのに、アイゼンは思いつかなかった」
「じゃあ、私のメール見なかったんですね!『アイゼン持ちましょうねぇ』って、黒斑の案が出た時、書いたんですけど!」
「気付かなかった」




あ~ぁ、パートナーと良い勝負!
いずこも同じ秋の(人生の)夕暮れ!

コッヘルを忘れたパートナーは、今日は、リゾートマンションにあった鍋を持ち上げ、私達はやっと豚汁にありついた。

帰りは中コース。
行きの苦労が嘘のように、なだらかな下り。
天気も良くなって、浅間山も瞬間、顔を出し、上々のスノーシュー日和だった。



Sunday, 28, Feb 20:23 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)