beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



ハレアカラ

夜中の3時起床、ハレアカラに朝日を見に出かけた。

朝というより、夜中なのだがパトカーがいる。
でも、ガソリンスタンドで会ったパトカーのポリスは、愛想良く挨拶をして出て行った。

途中、Sunrise tourのバスに出会う。
ツアーが出るほど、人気らしい!!

ビジターセンターには沢山の車!!
「でも、ナビだと『Samit』は、まだ先だよ」
運転手の娘のお婿さんがSamitに車の先を向けると、レンジャーさんの車から警告。
まぁ、行くだけ行ってみようよ・・・。
隙間もあって、停められないこともない。
Samitには展望台があり、沢山の人が東の方向に注目している。
東の空は明るくなっているが、日の出は5時49分。まだ、40分以上時間がある!!

東の空の赤さの写真を撮っていると、後ろのほうからレンジャーさんが、
「指定の駐車位置に停めてない車は、ビジターセンターまで下りなさい」
と、大声で言っているのが聞こえてきた。
仕方がないので、ビジターセンターまで下りる。
ビジターセンターからでも、太陽の登る方向は良く見えるので、支障はない。
見ている人は100人以上!!
寒い!!私たちはフリースを着てきたが、中には毛布を巻きつけている人、そんな人に限って足元はサンダル!??



それでも、30分くらい待って、やっと太陽が顔を出した。
パートナーは、
「太陽が見えたら、『万歳!!』と言おうかな」
その割には、口ほどのこともなく無言。
私が例のごとく「わ~ぉ!!」
叫ぶのと同時に、歌声が聞こえてきた。



ハワイのおじさん??と思ったら、どうやら女性。
Samitで注意していたのとは別のレンジャーさんらしかった。
どうやら、ハワイ系の人らしく、多分ハワイの歌をとうとうと歌いあげる!!
その後、山頂にすべての人が行けない事を謝って、周りのガイドを始めた。
太陽の見える左側にキパフルヴァレイがあり、その手前に沢山のクレーターがあること。
右側には、ハワイ島のマウナケアが見えていること。
背面には、ラナイ、モロカイ島が見えていることなど、説明してくれた。
本当はもっと詳しく説明したのだろうが、私にわかったのはこれだけなのが残念!

後で、ビジターセンターに入って見ると、最初のレンジャーさんと、歌を歌ってくれたレンジャーさんがお土産を売ったり、皆の質問に答えてくれていた。
多分、女性二人のレンジャーさんはビジターセンターに泊り込んでいるのだろう。
そして、二人のうちの一人は常にハワイ現地の人で、歌を歌っているのだろう。
トイレの表示も『WAHINE』『KANE』とハワイ語で書かれていたし、ハワイ語のアルファベット表示の説明などもあった。



娘の旦那さんは、駐車場の横の山の山頂まで登って、すばらしい写真を撮ってきた。

山頂には日本人ツアーが来ていたということだった。



ハレアカラの特徴は、クレーターの数が多いことかもしれない。

明るくなった帰りに見える外輪山にも沢山のクレーターがみられた。



Friday, 08, May 09:13 | Trackback(0) | Comment(0) | 観光 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)