beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



関西エルム会

関西エルム会のグループが、鹿児島にやって来るという連絡が、鹿児島エルム会の幹事から入ったのは、もうだいぶ前。



我が家は大隈半島なので、鹿児島まで行くときは、海を渡って泊りがけ。
それでも、遠い鹿児島で同窓の繋がりを切りたくなくて出かけている。
特に今回は、この機会に、今年で鹿児島を離れる旨、鹿児島エルム会の方々にも、伝えておきたいと、鹿児島市内まで、出かけた。

グルメ通りにある七味小路の響堂にて。



鹿児島の名物、鳥刺しから始まって、きびなごの刺身、黒豚のしゃぶしゃぶ(?)など・・・。

焼酎は、もちろん黒伊佐と島美人。
鹿児島県人のお勧めの定番焼酎だ。



関西からのお客様は総勢七人、フェリーに乗って志布志に着き、今日鹿児島観光をされたとのこと。

こちらの鹿児島エルム会は、六人。
いつもいらっしゃる大御所達のお顔がなかったのは、寂しかったが、昨年から鹿児島に来られたという海外生活の長かった方や、リタイヤしたので、これから・・・という、初参加の方がいて、頼もしい。
関西組みにボート部が多かったので、こちらもボート部に縁のある方に、幹事さんが声をかけたのだろう。

関西エルム会の会員は全部で、800名もいらっしゃるとのこと。
その中にいろいろグループが出来ているようで、今回いらしたのは遠友会という会のお仲間らしい。
鹿児島のエルム会、鹿大があるからこそ何とか10数名が集るが、最近は、若い新しい人が入らず下降気味なので、うらやましいかぎり。

お話を聞いてみると、遠友会というのは、本を読んで感想を話し合う会だそうで、昨年篤姫の関連の本を読んで、ぜひ鹿児島に・・・と言う話になったとのこと。

我が家は、NHKの大河ドラマは見なかったので、あまりピンとこなかったのだが、そういえば昨年はどこに行っても、
「篤姫見てますよ。鹿児島に一度行ってみたい」
と言われたものだ。

篤姫効果で、鹿児島はずいぶん観光客が増えたようだ。
もっとも、我々の住んでいる大隈半島では、その篤姫効果、ぜんぜん感じられないが・・・!



初めてお会いした方ばかりだったが、同じ土地で青春を過ごしたというだけで、話が繋がる。

年代も離れてはいるものの、お話していると結構共通の知り合いがいたり、先生の話題などは、広い年代に共通している。

私も、図らずも、同じ学部同じ学科同じ講座(当たり前)の先輩がいらして、いつも東京に行くと飲む先輩と講座の同期。
卒論でご指導いただいた先輩ももちろん講座の同期。
何年も前、東京で先生の退官記念パーティーの時も思ったが、同じ先生に師事したというだけで、何か親しみを感じる。

鹿児島エルム会の誰かが、
「他の地域のエルム会と交流を持ったのは初めて・・・」
と、つぶやいていたが、もしかすると、団塊の世代
が暇になると、こんな交流も盛んになるかもしれない・・・ね!!



Thursday, 26, Feb 10:28 | Trackback(0) | Comment(0) | 鹿児島ア・ラ・カルト | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)