beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



前橋の叔父

先日、従兄弟の奥さんのメールで、前橋の叔父が入院したことを、知った。

従兄弟は、私が見舞いに行くまでのことではない…と、言ったが、丁度こちらに来ている時に聞いたのも、何かの思し召しかと、母の訪問を、午前中で切り上げ前橋に向かった。

前橋の叔父は、父の兄で、ことのほか可愛がって貰った記憶がある。
ただ、G大の先生をしていたので、私の高校から入学した学生に私のことを聞いたのか、私の叔父であることを話したのか、昔同期ながら全然知らない男の子が、札幌に訪ねて来て閉口したことが、あった!

それでも、一昨年の新年、喪中の知らせで、弟の死を知って電話と共に御香典をいただいた。

その時の電話の声で、叔父の衰えは感じていたものの、それ程とは思わなかった。

私が訪問した時は、まだお昼を食べさせて貰っている最中。
あまりの変貌に、びっくり!
母と変わらない位だ!

食事の後、食べさせていた介護士さんに、病状をお聞きした。
脳梗塞で、声を出すのに時間がかかるが、能力的にはすべて理解しているとのこと。
「以前のお仕事聞くと、教授と言うんですけど、そうなんですか?」
「はい」
「どこの?G大?」「はい」
後になって、G大を退官した後、どこか私大に行ったような話を聞いたことを思い出した。
そちらを言えば良かったかなぁ!?
ここの病院のお医者さんにはG大出身が、多そう。
叔母達は、もしかしたらそのため、介護士さんには話してないのかもしれない。
衰えた姿は、以前を知っている人には、見せたくないだろう。
叔父には、悪いことをしてしまった!

それでも、その後、そのお詫びと共に、いろいろお話すると、声にはならないものの、穏やかに、ひとつひとつ頷いてくれた。
昔の叔父を思い出した。

最初見た時は、これが最後になるか…とまで思ったが、意外に持ち直しそうな気もしてきた。

叔父さん、またお会いしましょうね。



Friday, 19, Sep 05:19 | Trackback(0) | Comment(0) | 介護 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)