beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



ハリーポッター

ハーの機嫌は朝になっても直らない。
でも、ハリーとロンは話すことがいっぱい!!

ロンが杖のスペアを持っていたので、ハリーの悩みもひとつ解決!!

ハリーは、ゴドリックの谷であった出来事を話す。
ロンは別れてから、魔法使いたちの間で知った情報を。
ヴォルデモーツの名前には、呪文がかかっていて、その名前を言うと、デスイーターが言った人を、トレースできるらしい。
以前、ウェディングから逃げ出したハリーたちをデスイーターがすぐ見つけたのはそのためだという。
だから、ヴォルデモーツの名前を言うことがタブーとされているのだという。

今回こんなにうまく行ったのは誰かの手助けが会ったからかも?!
銀の雌鹿はダンブルドアのパトローナムでは?
いや、ダンブルドアのパトローナムはフェニックスだよ。だけどトンクスの例があるしパトローナムは変わるよ。だけど、ダンブルドアは死んでいるんだよ。
ロンとハリーの話は尽きない。

ロンは木で出来たラジオを取り出し調整中。
「一局だけyou-know-whoの息のかかってない局があって、本当のニュースが聞けるんだけど、パスワードがわからないんだ!」

そんな時、寝床から、ハーが下りて来て、相変わらずロンには冷たいが、話に加わる。
「ゼノフィリウス-ラブグッドのところに行きたい」
ハリーは渋るが、ロンはここぞとばかりに賛成する。
ハーがゼノフィリウスのところに行きたいのは、ウェディングのとき彼がグリンデルバルドのシンボルマークをつけていたからだが、ロンはそのことを知ってか知らずか、とにかくハーの肩を持つ!!

結局は多数決で、ラブグッド父子を訪ねることになった。
しかし、現れたゼノフィリアスは、ウェディングのときと違って、覇気はないしだらしない感じ。
それでも訪ねてきたのが、ハリーと知るといやいやながら家に入れてくれた。

飾ってある角の話からはじめるハー。
さすが如才ないね!!と思っていたら、この角、ちょっと意味ありらしい。
それでもなかなか本題に入れないハリーを助けるようにまたハーが
「ルナはいないの?」
「魚釣りに行ってるから呼んでくる」
出かけてしまうゼノフィリアス。
お客さんを放り出して、ちょっと非常識じゃない?
まぁ、おじさんだから仕方ないのかしらね。

結局ルナをつれずに戻ってきたゼノフィリアスに、ハーがずばり聞く。
「ウェディングのとき首にかけていたシンボルは何ですか?」
Deathly Hallowのことかい?」

デター!!いよいよ題名になっているDeathly Hallowが、登場しましたよ~!!



Tuesday, 18, Sep 16:59 | Trackback(0) | Comment(0) | 今読んでる本 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)