beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



水俣のカゴ屋さん

久しぶりに鹿児島に出かけ、夜の天文館を楽しんで、宿泊。

朝、鹿屋市に帰ろうとフェリーに乗った。

フェリーの中のテレビから、
「水俣の竹とのつながりを見に出かけてきました」
という、コメントが流れてきた。

え~!
水俣と言えば、水俣のカゴ屋さんが出てきたりして~・・・

などと思いながら、画面に目をやる。
あれ?
最初のタイトルのところで、竹を編んでいる人は!!!
水俣のカゴ屋さんではないかしら??

その後目を凝らして見ていたら、、やはり水俣のカゴ屋さんが登場!!
お若いときの写真なども出てきて・・・!
なんと、この所私が、取り組んでいる「ごはんじょけ」(飯籠)も登場!!
初めて使い方がわかった!
篭の中にふきんを敷いて、直接ご飯を入れるという。
風通しの良いところに掛けておくと、ご飯が傷まずしかも美味しく食べられるのだそうだ!!

NHKの「西日本の旅」というようなタイトルだった。

それにしても、ほとんどテレビ、特にNHKは見ない私が、見ることが出来たなんて!!奇跡的!!ラッキ~だった。
でも後で後悔、最初のタイトル部分で、水俣のカゴ屋さんを確認したのに、誰にも携帯電話で教えなかったこと。
一緒にカゴ屋さんをお訪ねした友人達に教えるべきであった!!

再放送あるかなぁ!?



Saturday, 28, Oct 14:31 | Trackback(0) | Comment(2) | 竹細工 | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
Comment

beryoskaさんへ

番組見てくださってありがとうございます。(再放送あるかどうかは私も知りません。。。)今回は、NHKの方達が丁寧に取材してくださり、ご飯じょけのおばあちゃんもとても喜んでました。

ご飯じょけは、ふきんを使わずに直接に飯を入れてもいいのですが、あとで洗うときに米がザルに詰まって大変なので、中に敷いているまでです。昔は、その後川でじゃぶじゃぶ洗ったりするので、ほとんどの人はふきんなどは使ってなかったそうです。

それよりも弟さん、ご心配ですね。どうか大事に至らないことを私も祈ってます。


 by 水俣のカゴ屋 | Sunday, 29, Oct 06:04

ごはんじょけ

鹿児島育ちでないので、ごはんじょけの使い方、初めて知りました!!

昔の智恵なんですね。

あらためてカゴ屋さんのページを見て、もっと平たく作ることを発見!
私の作っていたのは、茶びつでした。
今度は、本物のごはんじょけに挑戦します!

でも、ごはんじょけの底の竹の足はどのように付けるのでしょう??不思議です!

弟のほうは、どうやら危機を脱したようで、この2,3日やきもきしていましたが、一安心です。
御心配有難うございました。


 by 「山と花と篭のぺえじ」beryoska | Monday, 30, Oct 08:31


(1/1page)