beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



公開研究会

肝属郡の公開研究が、私の行っているH中が今年は担当校。
いろいろな先生からお誘いを受け、ずうずうしくも参加させていただいた。

まず、全体会でH中の教育に対する取り組み状況:
私がやっている学力支援もしっかり報告されていて、いかにも効果が出ているみたい
な報告がされた!
(たぶん、学力支援のおかげで20ポイントも上がった・・というのはKくんのことだろうな。でも彼以外はとてもそんな効果は望めそうもないんだけど)

その後、公開授業。
私の教えている、M君、A君はもちろん、ホップクラス。
(そういえば、前は「基礎クラス」と聞いていたような気もしたけど、ホップ、ステップ、ジャンプクラスとは
ネーミングがいい!!私の時代は、基礎、普通、応用だった!!ダセー!!)
内容は予想通り方程式の概念。
でも本当に最初の最初から。
確かにここが一番具体的な概念としては作りやすいけ
ど、あまりに教科書的。
別のクラスのYちゃんからはもっと先を進んでいるようなこと聞いていたから、内心
「え~!!]
ただ、3クラスを見比べながら、それぞれの授業を見ることが出来たのはとっても面白かった。



元塾の先生としては、

ホップクラスには:
もっと、例として具体的な物を挙げたほうがいいんじゃないの!mとAを秤に乗せて
釣り合った・・なんて!
ホップクラスには、文字だけで抵抗感がありそう。
私がいつも使っているチョコレートとガムの方がまだ受け入れられそう。
本当はお金を使うと、なぜか中学生はすぐわかるみたいなんだけど、重さでいくか、金額でいくか、という問題があるので。先々金額で等式を作りたいなら、とりあえずは、チョコ
レートとガムの重さが無難なんだけど!!




学力支援担当のH先生はジャンプクラス担当
両辺に同じ数をかけるのだけど、なぜ「逆数」という言葉を使わないのか??
「逆数」は
1学期で出てきているし、ちょっと先走ってもジャンプクラスなら許されそうなのに。
石橋をたたいて渡る公務員のせいなんだろうな。
私なんか、上のクラスの子には中学生なのに、連立方程式を、行列使って解かせた年もあった!!
(もちろん人材がそろっていた時だけだけど)

分科会でこういった意見を言おうかな・・と思ったけど。
所詮私は鹿児島県の教職試験も受けてないし、小中の免許も持ってない部外者。
ちょっと気になったことを質問しただけにとどめた。

また、H中の本当の部外者ではないので、結構ごまかしているな・・なんてとこも見えちゃって、逆に言いづらかったことも一つ。

でも、このボランティアを数年続けて、いつかは思うこと言って見たいな・・・と思った。



Wednesday, 09, Nov 19:05 | Trackback(0) | Comment(0) | ボランティア | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)