beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



大失敗!

昨日は、新しい先生、体大サッカー部のマネージャー君がやっと来てくれた。

いつもの時間どおりに行くと、短縮授業だったみたいで(この短縮授業も突然決
まる
ので曲者)、子供たちがもう、下校を始めている。
あちゃー!!また知らなかったワイ!!
と休憩室に置いている、教材を取りに行くと、もうない!あ、マネージャー先生
が今
日は来たんだ!!
と、そこの部屋の事務の方に「もう、行っているんですね」と挨拶がてら声を掛
ける
と、
「あの、若い学生さんみたいな人は、先生がご指導されているんですか?」
「ええ、色の真っ黒な子でしょ、指導というわけじゃないけど、今度手伝っても
らう
ことになったんですよ」
「あの~、私・・・ガラっとドアを開け黙って入ってきたもんで、怒鳴りつけて

まったんですよ」
なにやら話を始めたところで、教育委員会からのお客さん。
「あ、わかりました。私から彼に言っておきますので」
2階の教室に行くと、彼が、子供たちを前に、
「俺って、生徒に間違えられちゃったよ~」
と話していた。子供たちは、
「いやいや、そんなに若くは見えないよ~」
「きっと教生の先生に間違われたんだよ」
「だって突然怒鳴られたんだよ!俺、次から、beryoska先生みたいに私服で来よ
うか
なぁ」
「あ、いい、いい。私服見てみた~い」
「でも、俺の私服って、パジャマ兼用だからな!」
なんて、大騒ぎ!!
でもおかげで、とっても楽な授業だった。

帰りも、いつもより早く、るんるんで戻って、台所に立ち、手を洗いながら、ガ
ス台
の鍋を見るとなんだかすご~く汚れている。
え~!何で鍋がこんなに汚いの?昨日の煮物の残りだよねえ・・と蓋を開けてび
っく
り!
中が真っ黒!
あ、そういえば、朝出るとき、お茶碗を洗いながら、昨日の残り物に火を入れて
おか
ないといたんじゃう。
これを洗っている間だけ、火をつけておこう・・とガスを点けたんだった・・と
思い出し
た!
え、でも、どうして火事にならなかったの?
ツマミを見ると、点いた状態になっている。隣の奥さんが止めてくれたわけでも

い。
???
フライパンを乗せて、ツマミをひねったらわかった!
点かない!ガスの探知機でガスの供給が止まったのだ!外に出て、ガスを復活さ
せな
がら、胸をなでおろした。このガスの優れ機能がなかったら、我が家はもう燃え
てい
ただろう!良かった~!

恐る恐るパートナーに話したら、
「へ~、良かったなぁ。火は気をつけなくちゃぁ!いつもこの機能が働くとは限
らな
いからな」
怒られた。でも、ホントにホントによかった~!!



Saturday, 01, Oct 10:28 | Trackback(0) | Comment(0) | ボランティア | Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)