beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



最後のスノーシュー

東京組から、スノーシューのお誘いが来たので、二つ返事で参加した。

以前、ツアーで参加したとき、一番心惹かれたコース。

前々からスノーシューをしてみたいと言っていた高崎山岳会のお友達も誘い、高崎駅から電車に乗った。

水上駅で、新幹線で来た東京組と合流。
ロープウェー乗り場行きのバスで、土合に向かう。

ロープウェー駅の一つ手前、「土合橋」で下車。
スノーシューを履く。



最初は林の中だったが、開けてくると、暑いくらい!

着込んでいた服を次々に脱ぎだす。

あまり天気には恵まれていない我々。
こんなに薄着でスノーシューが出来るなんて!!
昨年の黒斑も晴れたけど、標高が高かったので。がたがた震えていたものだ。

トレースも最初は一本だったが、皆思い思いの方に歩いて、新雪を楽しむようで、様々なルートが出来ている、



一時間ほどで一の倉沢の出会いまで来て、谷川岳の勇姿が見えてきた。

雪崩の状況を観察に、定期的に来ているというおじさんに、いろいろ説明してもらって、改めて谷川岳に見入る。



一の倉沢をさかのぼって、展望台の様なところでいつもの宴会。

チューハイ、熱燗、ホットウィスキーのフルコースを、おでん、もつ鍋などで楽しむ。

展望台だったのに、皆食べること、飲むことに専念で、山を一顧だにせず(笑い)

お酒が底をついて、宴会がお開きになって、初めて、
「そうだ!ここに酒を飲むために来たんじゃないんだ!谷川岳をもっと見よう!!」
と言う声があがった。

荷物を片づけ、衝立岩方向に向かう。
・・といっても雪崩の後があるので、我々程度はまあこの辺。
天気が良いのでずいぶんたくさんの人が入っていた。



私にとって初めてのスノーシューは、水上温泉にあるツアー会社のツアーだった。
その時は、天気があまりよくなかったので、大幽洞コースと称して、武尊岳の麓の洞窟を訪ねた。
しかし、そこで教えて貰った、天気が良ければ、アップダウンがないので、初心者でも簡単で谷川岳の雄大な景色が楽しめるという、このコースは、いつか来てみたいと思っていた。

やっと想いがかなったし、以前からスノーシューをやってみたいと言っていた友人を、誘うこともできた。

ニカラグアには雪山などないから、これでしばらく雪とはお別れ。
楽しい最後のスノーシューだった。



Monday, 07, Mar 06:25 | Trackback(0) | Comment(0) || Admin

Write a comment
Title
Content
Author
URL
eMail
Attach Image
Option
Auto smile sign convert
Preview

Certification Code    
Input same text please.
You can reload if this is difficult to read.
         
There is no comment.


(1/1page)