beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Feb/20/2009

鹿屋市長杯・抽選会

次の日曜日に行われる鹿屋市長杯の抽選会があった。

夜7時半、真っ暗な体育館の小部屋に集合。
昼間は暖かかったが、さすが夜になると冷え込む。
中には、鼻声の役員も・・・。

市長杯は、ミックスの団体戦なので、いつもランクに分けて読み合わせるという作業がない分、仕事は簡単だった。
ただ、いつも使っている鹿屋市体育館が使えず、最近合併した旧隣町にある、串良アリーナが会場になる。
いつもの会場が6面しか取れないのに、串良は10面取れるという。敗者復活戦をしてもいいね。
初めての会場だから、何があるかわからない。
早めに行かないといけないね。
道順は??お弁当は??などと、細かい打ち合わせ。


その後、さらに次の3月に行われる鹿屋バトミントン協会30周年記念大会に、ある病院が、冠援助を申し出てきた。
病院の方がいらして、病院の希望をアピール。
A~Dのランク別にすること。
オープンにして、広く参加を募ること等々

しかし、広い会場串良アリーナが桜祭りと重なって押さえられない事・・・。
オープンは無理。
昨年、A~Cランクで、230人ほどの参加があったことから、A~Dにすると、かなり人数が増えそうなので、15点マッチか11点マッチか・・・試合を考えないといけないこと等々
病院のほうでも再検討とのこと。

病院の人が帰ってから、昨年末の「モアスポーツ杯」のこと。
もともとは地元のスポーツ店が、冠を降りたので、皆であちこち当たって、モアスポーツにお願いしたわけだ。
しかし、前、冠だった地元のスポーツ店から、再度、冠大会を復活させたいと言う話が出ているという。
私も、大手のチェーンスポーツ店がどんどん出展し始めている今、冠大会を持っているなんて地元の有利さだと思っていたから、いつかきっと後悔するだろうね・・・と、友達と話していた。
きっと、モアが肩代わりしたと聞いて、逃がした魚の大きさに気が付いたのだろう。

しかし、窮地を救ってくれたモアに不義理はできないし、1昨年参加者、皆の前で、
「今年を最後にうちの店は協賛を終了します」
と、専務が挨拶しておいて、1年くらいで復活はないだろう・・・!
結論は出なかったが、まぁ、せめて2,3年後再検討だろうね・・・ということで落ち着いた。

病院のチームも、今回話のあった病院以外にもう1チームあるので、こちらも話を聞いたら、名乗りを上げるかも。
そうなると、冠大会ばかりになっちゃうか、大会の数を増やすかしないとならないよ・・・
いいよ!協会はお金がないんだから、スポンサー歓迎だよ・・・
いつもは組み合わせだけ決めて帰るのだが、常になく話が尽きず、体育館の閉館までかかった。



Tuesday, 20, Jan 08:48 | Trackback(0) | Comment(0) | バトミントン | Admin


(1/1page)