beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Dec/8/2005

病院

退院後2週間の検診に行った。

主治医はいなかったが、30代の若い先生。

傷のある頭の皮膚感覚が戻らないこと:
「仕方がないですね。神経が切れたわけですから一生戻らないでしょう」

顔の腫れ:
「そのうちですね、数ヵ月後かも」

脳挫傷後のMRI:
「そう簡単に変化しないでしょうから、来年に入ってからですね」

右手のだるさと痺れ:
リハのホットパックは利かないので、整骨院に行きたいというと
「いいんじゃないですか?試してみたら。多分直るのはすっかり忘れた頃になると思
いますよ」
リハは全然たいしたことない割に点数が高くて、退院時の診断書を見てびっくり!!
担当PTの挨拶、2回のリハと車椅子代と歩行器大が合わせて2000点以上。1点20円だか
ら、40000円??
おまけに最後に「ウチの息子PTなんですよ」といったらあせったように「え!それを早
く言って欲しかった」
その後は、別の若い女の子が来て
「リハ、どうしますか?やらなくてもいいそうですけど」
そういうので、退院後は行かなかった。

次の通院:
「薬を30日分出しておきます。痛くないときは飲まなくてもいいし、減らしていって
いいですよ。また薬が欲しい時に来てください」
え~!!それって、もう来たって仕方ないってこと?

つまりは、来年MRIを撮りに来るまで、この病院に栗必要はないということらしい。



Tuesday, 08, Nov 12:57 | Trackback(0) | Comment(0) | 災難 | Admin


(1/1page)