beryoskaの週間日記
 
鹿児島から群馬に・・今はニカラグアにいます。投稿できませんので、ホームページのBBSにお願いします。
 



Show by Nov/24/2005

入院費用

外泊も無事済み、そろそろ退院かな?と思っていたのに今朝の回診で聞きそびれてしまった。
看護婦さんに頼んで聞きに行くと、主治医は例の東野圭吾好きな奥さんを持つ先生。
何時退院しても良いようなことを言われた。
まだ痛い右半身も時間が立たないとどうしようもないから、家での療養で良いとのこと。

良かった!
のんびりできる家に帰れるから良かったということでなく、入院費用の点で、良かった!
先日外泊の段階で聞いた入院費は65万円とのことだったから、今はもう70万円を超えているものと思う。
今まで、交通事故だとこんなにお金がかかるとは思わなかった、と言うより知らなかった!!
看護婦さんに
「半端じゃなく高いですよね」
と、愚痴ったら
「本当ねぇ!私達も交通事故の時は健保が使えないことは知っていたけど、一つ一つの単価も高いのねぇ」
PTにも今後の通院分も自由診療となるのか聞いたら
「交通事故なら自由診療で仕方ないと思いますが、え~!立て替えが聞かないんですか?知らなかった!そりゃあ大変ですねぇ」
現場検証もまだすんでないので、なんとも言えないが、事故の事を何も覚えてないので相手の言い分が通ってしまいそうで、私には限りなく不利になりそう!
入院費用は自賠責からとのことだが、その比率も現場検証待ちだ。
看護婦さん達も口々に「退院できるんだってね、良かったね。でもどこか具合が悪いと思ったらまたすぐいらっしゃいね」

だけど、本音、保険診療でないとちょっと考えちゃうんだよね!



Monday, 24, Oct 14:27 | Trackback(0) | Comment(0) | 災難 | Admin


同じ部屋の寝たきりのおばあちゃん、昨夜は大騒ぎ!
夜勤の看護婦が一人つきっきりで大変だった。
どうやら点滴を射ちたいらしいのだが、
「動かないの!」
「手を動かしちゃだめ!」
「ダメって何回言ったらわかるの!」
看護婦が怒鳴り続け!同室の私達は眠ることもできず、どう対応したものか?
3ヶ月入院のおばあちゃんが、恐る恐る
「血管がでらんの?大変やねぇ」
声をかけるが無視!怒鳴り声が続く。
結局3時間程かかって「ばあちゃんねぇ、やっと入ったんだからねぇ、手を動かしたりしたら、承知せんよ」
威し文句で看護婦さんは戻って行った。

しかし、血管が出にくいというのは、本人どうしようもないことで同じく「血管が出にくい」と言われている私としては見につまされる。
今もまた
「点滴ですよ~!」
ちょうど「昨夜の看護婦さん、怖かったねぇ」などと話していたところだったので、つい思わず私達は大笑い。
不思議そうな看護婦さんに
「昨夜は点滴でとっても大変だったみたいですよ」
「そうなんですか、血管が細いのかしら?」やはり苦労していたみたいだったが、30分程で入ったようで、私達もほっとした。

おばあちゃん、がんばれ!!



Monday, 24, Oct 11:42 | Trackback(0) | Comment(0) | 災難 | Admin


(1/1page)